K・コバーン/ソニック・ユースにも影響を与えたヤング・マーブル・ジャイアンツ、『Colossal Youth』が国内盤2枚組CDで発売決定

Billboard JAPAN



ギタリスト/ソングライターのスチュアート・モックスハム、その弟でベーシストのフィリップ・モックスハム、シンガーのアリソン・スタットンという3人からなるヤング・マーブル・ジャイアンツが、1980年に残した唯一のアルバムにして、今もなおミニマル・ポップの金字塔として世界中の音楽ファンから愛聴される『Colossal Youth』。昨年超限定数のみ生産され即完となっていた40周年記念盤が、多くの要望に応え国内盤2枚組CDのフォーマットでリリースが決定した。また、数量限定でTシャツ付セットも発売される。

アルバム本編に加え、『Loose Ends And Sharp Cuts』というタイトルがつけられたDisc 2には『Salad Days』『Is The War Over』『Final Day』『Testcard EP』といった貴重なEPやシングル、コンピレーションの楽曲を収録。たった5日間でレコーディングされたという本編『Colossal Youth』は、イギリスのシェフィールドからアメリカのシアトルに至るシーンに影響を与え、カート・コバーン、コートニー・ラヴ、ベル&セバスチャン、デヴィッド・バーン、ソニック・ユース、マグネティック・フィールズといった音楽史における重要なアーティストやバンドが彼らのファンを公言している。

唯一無二の歌声、ギター、ベース、リズムボックスによって奏でられるミニマルなサウンドで構成された本作は、ヤング・マーブル・ジャイアンツにしか作り出せなかった紛れもない傑作であり、ポスト・パンクの中で最も重要なレコードの一つとして挙げられている。今回発売が決定した『Colossal Youth 40周年記念盤』には、メンバーによる貴重なインタビューが掲載されたライナーノーツとその対訳、歌詞対訳、日本版解説、そして1980年当時の冊子をモチーフとしたイラスト入りのスペシャル・ブックレットが封入される。

◎リリース情報
アルバム『Colossal Youth 40周年記念盤』
2021/11/26 RELEASE
【国内盤2CD】BRC683 / 2,400円(plus tax)
【国内盤2CD+Tシャツセット】BRC683T / 6,400円(plus tax)
国内盤特典:スペシャルブックレット&インタビュー/歌詞対訳・解説冊子封入

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ