⽩⾺岩岳、大自然を五感で味わう展望エリア「白馬ヒトトキノモリ」誕生

IGNITE


⽩⾺岩岳マウンテンリゾートがますます楽しくなるニュース。



■展望エリア「白馬ヒトトキノモリ」プレオープン

「⽩⾺岩岳マウンテンリゾート」は11月6日(土)より、標高1,100mに位置する「5線サウスリフト」乗り場一帯に、白馬の大自然を五感で味わえる展望エリア「白馬ヒトトキノモリ」をプレオープンする。雪解け後に外構を整備したうえで、来春グランドオープンを予定している。

「白馬ヒトトキノモリ」は、五感を心地良く刺激して、”人と樹”が織りなす穏やかな“ひととき”を創出する空間。標高1,100mの高原からは、唐松沢氷河や北アルプスの山々を仰ぎ見ることができ、眼下には白馬村の田園風景が広がる。



エリア内には、開放感溢れる森のデッキ席や広大な芝生広場をはじめ、表参道や京都嵐山で人気のティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」が信州に初出店する。

■「CHAVATY」信州エリアに初出店

「CHAVATY HAKUBA」は、美しい北アルプスを望む「⽩⾺岩岳マウンテンリゾート」の立地を最大限に活用した、絶景のなかに佇む茶室のような落ち着いた造り。

ティーを通して活発なコミュニケーションや新たな思考が自然に生まれるよう、森の中や芝生広場など屋外の席を充実させる。



「CHAVATY」の看板商品であるティーラテやオリジナルプレーンスコーンをはじめ、「CHAVATY HAKUBA」でしか味わえない、爽やかで香り高い長野県産クロモジを使ったスコーンやソフトクリームなど限定メニューも販売。

限定メニューの一つが、白馬の名店「白馬ハム」の食材を使ったスープや信州野菜を使ったサラダ、スコーンと紅茶をオリジナルバスケットに詰め込んだ「ピクニックセット」。北アルプスの絶景を眺めながらドリンクとスコーンを片手にのんびりとしたピクニックタイムを楽しめる。



■「5線サウスリフト」グリーンシーズン運行開始

11月6日(土)より、ウィンターシーズンのみ運行していた「5線サウスリフト」が、「白馬ヒトトキノモリ」へのアクセス手段としてグリーンシーズンも運行開始。白馬八方尾根の山々や白馬村全景を眺めながら約7分の空中散歩を楽しめる。

「5線サウスリフト」は上り線のみの利用も可能で、ゲージに入った状態であればペットも同乗可能。

山頂エリアから「白馬ヒトトキノモリ」までは、標高差約150m、総距離約1kmの斜面となった遊歩道。下りの行きはスキー場ならではの景観を眺めながら約20分のハイキングを楽しみ、帰りは山頂エリアまでリフトで簡単に戻ることができる。

「⽩⾺岩岳MTB PARK」や「Mountaincart(マウンテンカート)」など、山頂エリアから「白馬ヒトトキノモリ」に至るまでの斜面を活用したアクティビティを拡充し、新たな山遊びを提供していく。





ウィンターシーズンのみならず、グリーンシーズンの楽しみがどんどん拡充している「⽩⾺岩岳マウンテンリゾート」。季節を問わず自然を楽しむエリアとして、人気が高まっていきそうだ。

⽩⾺岩岳マウンテンリゾート:https://iwatake-mountain-resort.com/

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ