【動画解説】10月はずっとハロウィン気分でいいんじゃない? 普段使いもできる派手すぎないハロウィンメイクをご提案♡




秋に楽しみなイベントのひとつ、ハロウィン。今年も派手なパーティーはできそうにないからこそ、普段のメイクにハロウィンテイストを取り入れてこっそり楽しんでみるなんてどう? 今回は、普段使いもしやすいハロウィンメイクを編集スタッフがご提案! ポイントは赤みパープル、そしてラメ&マットの使い分け♡ 勇気を出してチャレンジしてみたら、シーズン終わりにはコスメポーチに1軍入りしているかも?

奇抜すぎない! おすすめのアイテムたちがこちら




今回のハロウィンメイクに使用するのは、こちらの5つのアイテム。

・シュウウエムラ プレスド アイシャドー Wラストラスライラック/MEダークフィグ789

・エクセル ロング&カラード ラッシュ LC03

・リンメル ラスティングフィニッシュ オイルティントリップ 005

・キャンメイク パウダーチークス PW38

ハロウィンカラーといえばパープル! 深みとツヤをまとう大人の赤みパープルで、色気と可愛らしさをあわせ持つメイクに仕上げていこう。特にダークカラーのリップはここ数年秋冬の定番になりつつあるので、普段使いにも意外と違和感なく使えるアイテム。濃い色は似合わない…そんな風に避けていた人も、この機会にぜひチャレンジしてみて!

シュウウエムラ プレスド アイシャドー Wラストラスライラック/MEダークフィグ789




まずはシュウウエムラの『プレスド アイシャドー  Wラストラスライラック/MEダークフィグ789』(価格 税込2,530円・発売中)。6質感、全100色展開の単色アイシャドウから、今回はこちらの2色をセレクトした。



別売りの『カスタムケースⅠ』(価格 税込600円)に好きなカラーのレフィルをセットして使うアイシャドウ。アジア人を美しく魅せることに特化したカラーと光を集める質感、その相乗効果で目元の存在美を叶えてくれる。



グロスのような濡れツヤ感に大粒のラメを乗せた「Wラストラスライラック」と、深くメタリックな輝きの「MEダークフィグ789」。どちらも滑らかでバツグンに伸びが良く、自由自在に濃淡の調節ができるのもポイントだ。



まずはダークカラーをブラシに取り…



二重幅に入れていこう。



深いのに鮮やか。バブリーになりがちなパープルなのに変に浮いたり沈んだりしないのは、絶妙に赤みがかっているからだ。



ラメパープルは指でのせていこう。



かなり大粒の、存在感のあるラメ。黒目の上あたりに重ねるようにすると、より立体感と華やかさが出てGOOD!



これだけでハロウィン感たっぷり。あえてメタリック感×ラメツヤ感を組み合わせることで、ダークカラーなのに華やかな印象に仕上がった。



普段使いにもう少し抑えた感じにしたいときは、ダークパープルをライン上に入れたり、ラメパープルをもっと薄付きにしたりしてもOK。このアイシャドウならのせ方で華やかさを調節できるから、シーンに合わせて活躍してくれるだろう。

「シュウプレスド アイシャドー」公式サイト

エクセル ロング&カラード ラッシュ LC03




続いてはマスカラ。ハロウィンメイクなら、まつげだっていつもとはちょっと違う雰囲気におめかししたい。今回使うのはエクセルの『ロング&カラード ラッシュ LC03』(価格 税込1,650円・発売中)。



このマスカラの特徴は、カラータイプでありながらどれも普段使いしやすいダークニュアンスであること。極細ブラウンファイバーが繊細なロングまつげを演出し、スーパーカールフィックス処方で夜まで上向きカールをキープしてくれる。



今回選んだ「LC03」は、繊細で神秘的なダークプルーンカラー。ご覧の通り、ブラウン+パープルにさらにくすみ感加えたような色合いだ。



細めでほんのりカーブしたオリジナルブラシは、まつげを根本からぐぐっと持ち上げやすい。



短い下まつげもしっかりキャッチ。



ボリュームも長さもしっかり出るのに、色が濃すぎないので程よい抜け感もある。アイシャドウとマスカラのトーンを揃えることで溶け合うようにマッチして、優しい色気あふれるまなざしになった。

「エクセル ロング&カラード ラッシュ」公式サイト

リンメル ラスティングフィニッシュ オイルティントリップ 005




リップはリンメルから『ラスティングフィニッシュ オイルティントリップ 005』(価格 税込1,650円・発売中)をセレクト。6種の植物オイルをたっぷり配合した、濃密発色のティントリップだ。



ハロウィンにダークパープルのリップって、いかにも魔女みたい? そんな心配を絶妙な “透け感” で解決するのが、このリップを選んだ理由だ。



このシースルーみたいな軽さとふんわり優しい色付きは、マット質感のダークリップには出せない魅力だろう。



まるでリップバームみたいにするすると滑らかな伸び。とろけるようなフィット感で、ひと塗りでぷるんとボリュームアップする感じだ。



リップ表面を見たときは正直「この色って普段使いできるの…? 」と不安になったが、仕上がりを見てほっとひと安心。パープルでも透け感があって上品だから、オフィスメイクにさえ違和感なく使えそう…!

「リンメル ラスティングフィニッシュ オイルティントリップ」公式サイト

キャンメイク パウダーチークス PW38




最後はチークだ。今回は、プチプラチークの王道ともいえるキャンメイクから『パウダーチークス PW38』(価格 税込605円・発売中)をセレクト!



保湿効果・密着力が高いオイルインベース処方で、しっとりサラサラに色めく頬を長時間キープしてくれる優れもの。



今回は目元のラメ感、口元のツヤ感をより引き立たせるため、あえてマットな質感を選んでみた。カラーはくすみ感がオシャレなダークピンクだ。



毛量たっぷりのオリジナルブラシで優しく撫でつけて…



頬の高いところにふんわりのせよう。ダークピンクは肌にのせると程よい血色感に変わり、顔色がぱっと華やかになる。



ツヤを抑えたマットな質感も上品。知的に見せたい大人女性のオフィスメイクにも、このカラーなら大活躍するだろう。

「キャンメイク パウダーチークス」公式サイト



さあ、“派手すぎず、普段使いもしやすいハロウィンメイク” をテーマに完成したメイクがこちらだ。ハロウィンイベントにいそうと言われればそうだし、可愛らしいお出かけメイクとしても全く違和感はない。目元と口元の深みパープル&ラメツヤ感、頬のマットなダークピンク…色気と可愛いのバランスも絶妙で、我ながら大成功!

シーズンが終わってもそれぞれ大活躍間違いなし




今回ご提案したフルメイクはもちろんおすすめしたいが、それぞれどのアイテムひとつ取ってみても、普段使いしやすいものばかり。手軽にひとさじの色気を加えてくれるから、メイクがマンネリ化している人、大人っぽくなりたい人のプラスワンアイテムにもおすすめだ。

ハロウィンシーズンが終わるころには新しい自分の虜になって、メイクポーチのスタメンも入れ替わっているかも…?

使用方法などは動画で解説!



今回ご紹介した5商品は、それぞれオンラインショップやデパートの取り扱い店などで購入できる。

当記事はおためしコスメナビの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ