岡田結実“事務所退所”の理由判明? 最近の言動から明らかに…

まいじつ

岡田結実
岡田結実 (C) / Shutterstock 

タレントの岡田結実が、なぜか恋バナをしたくて仕方ないらしい。

10月19日、岡田はインスタグラムのストーリーズにて、元カレの夢を見たと告白。《その人とは別れ際は嫌なことしかなくて 別れた後も嫌な思い出で でも不思議なことに別れて少し経ってからはいい思い出しか残らなかった》《その人は夢でもとても素直に愛情表現をしてくれていた それが付き合っている頃から眩しくて 私も恥ずかしがらないで何も考えずにその人みたいに素直に真っ直ぐ好きな人の元へ駆け込める強さが欲しいって思っていたんです》《君にはもう出会いたくない遭いたくないと思っているのに 最後に突然現れて私をいつか奪い去ってしまうのはやはり君なんじゃないかと。そんな事を思うような夢 でも、そんな事は絶対に起きないし起こせないとも確信しています。矛盾》などと、西野カナも舌を巻くポエムをつづっている。

「今年4月で21歳になった岡田ですが、出演したバラエティー番組では恋バナをすることがかなり多くなっています。しかもその内容は、キスをしたときに相手が目を開けていた…などなど、なかなかに生々しいもの。まだ子役イメージが抜け切れていないうえ、父親の『ますだおかだ』岡田圭右の顔も浮かんでくる彼女の恋バナは、今までウケた試しがありませんね」(芸能記者)

『オスカープロモーション』と方向性の違い


しかしこの恋バナ連呼は、とある〝抑圧からの解放〟と見ることもできるようで…。

「岡田は2020年3月末に、芸能事務所『オスカープロモーション』を〝方向性の違い〟で退所していますが、オスカーといえば、〝25歳まで恋愛禁止〟などと打ち出している事務所でもあります。まあ実際、ほとんどのタレントはこれを守っていないようですが、剛力彩芽だけは律儀にルールを守っていたようですね。岡田ももしかしたら、恋愛トークをしたくて事務所を辞めたのかもしれません」(同・記者)

だとしたら、なんともしょうもない〝方向性の違い〟だ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ