WWS×クボタスピアーズ船橋・東京ベイ、ラガーマン公式スーツ製作の秘密

IGNITE


ジャパンラグビーリーグワン所属の「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」×作業着スーツ発祥の「WWS」。逞しいラガーマンの身を包む公式スーツ製作の舞台裏。



■ラグビー選手の肉体にフィットするスーツ

作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS/ダブリューダブリューエス」は、ジャパンラグビーリーグワン所属の「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」のオフィシャルスーツを製作した。



鍛え抜かれた選手の体にフィットするように、京都女子大学・渡邊研究室の人体の3Dデータに基づく衣服パターン設計の技術を使って、一部の選手のオーダーパターンと、他の選手のサイズオーダー用のマスターパターンを作成した。

スポーツチームのオフィシャルスーツに3Dスキャンを用いたのは業界初(同社調べ)だという。

北川賢吾選手

また鹿屋体育大学との研究で、一般的なスーツとWWSを着用した際の心理的評価を表す脳波を比較調査し、WWSだと着用時の快適度が高く、疲労感を与えにくいことが判明。

WWSは、ラグビー選手の移動時や公式行事で着用する際の身体ストレスを軽減し、高いパフォーマンスが保持できるようサポートする。

キャプテン立川理道選手

これまでWWSは、3Kイメージのある建設業界へイメージ改革の1つとして「スーツに見える作業着」の提案や、価格・機能面で課題の多い学生服市場へ「機能性制服」の提案など世の中へ新たな価値を提供してきた。

今回の取り組みは、「体格に特徴のあるアスリートへの負担のあるスーツ着用」というスポーツ業界にある課題を「機能性×3D採寸技術」で解決したいという思いから実現した。

末永健雄選手

金秀隆選手

■3Dデータを活用した舞台裏

京都女子大学家政学部・渡邊研究室では、3Dスキャンを利用し、スポーツマンを含む日本人の身体のデータを収集し、体形の分析をしている。

今回の取り組みでは、選手の体に合ったスーツのパターンを設計するため、ポータブルな3Dボディスキャナーをクボタスピアーズ船橋・東京ベイのクラブハウス内に設置して選手54人の計測を実施。計測後、一部の選手については独自のパターン設計方法で個人に合わせたパターンを自動生成した。





仮縫いの代わりに、3D-CAD内で選手の体をトレースしたアバターを作成し、着装シミュレーションを行い、パターンを修正してフィット性を高めた。一方、選手の体型を統計的に分類してサイズオーダー用のマスターパターンの作成も行った。

WWSの「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ オフィシャルスーツ」のジャケットとパンツには、独自開発の新素材「ultimex/アルティメックス」を使用し、365日洗濯機で丸洗いでき、しわになりにくく、3時間で乾く驚きの機能性を実現した。



2022年2月上旬から正式販売を開始。現在、WWSオンラインストアにて先行予約販売を実施中。

10月13日(水)江戸川陸上競技場「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ方針発表会」より

家で丸洗い可能な高機能スーツに興味があるなら、一度試してみるのも良さそうだ。スーツの概念が大きく変わることは確実。

オフィシャルスーツ ジャケット

サイズ:S~3L/価格:19,800円

オフィシャルスーツ パンツ

サイズ:S~3L/価格:13,200円

オフィシャルワイシャツ

サイズ:S~3L/価格:8,250円

※価格は税込

特設ページ:https://www.workwearsuit.com/shop/contents/kubota-spears

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ