マツコ絶賛の「納豆ごはんの食べ方」が最高すぎる これは中毒性ヤバい…

しらべぇ




日本人のソウルフードである「納豆」。以前テレビ番組で紹介され、タレントのマツコ・デラックスも絶賛したことで話題となった納豆ご飯アレンジをご存知だろうか。

■約2割の人が毎日納豆を食べている


ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,365名を対象に「納豆を食べる頻度」について調査したところ、全体で16.0%の人が「毎日納豆を食べている」と回答。



これだけの人が毎日食べているものの美味しい食べ方を知ることは、グッとQOLを上げることに繋がりそうだ。

関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■納豆バターご飯




ネット上でも話題になった納豆ご飯のアレンジというのが、2018年5月放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)で紹介された「納豆バターご飯」。材料は、茶碗一膳分のご飯に対してバター10グラム、納豆1パック、醤油のみ。

月に約1キロほどバターを食べるというプレゼンターの女性が紹介したもので、スタジオで試食したマツコは「美味しい」「バター醤油ご飯、なんで食べてこなかったんだろう…」とこぼしていたほど。

■さらに美味しくするコツを発見




作り方は、熱々のご飯でバターを溶かすように乗せ、そこに醤油と納豆を乗せて食べる…というシンプルなものなの。

どれほど“バター感”を求めているかは個人の好みの問題だが、何度か試した記者が個人的に好みだったやり方は、バターを少し小さめに切り、ご飯に乗せたら醤油を多めにかけ、しっかり混ぜ合わせ……



写真のように、茶碗の中でしっかり「バター醤油ご飯」を作ってから納豆をかけるスタイルが、バターが重くなりすぎず、最も美味しいと感じた。

納豆ご飯にバターを乗せるのではなく、バター醤油ご飯に納豆を足すイメージだ。あと、ご飯にしっかり醤油をかければ、納豆にはタレをかけないほうが良いかもしれない。

■一度やったらハマる中毒性




マイルドなバター醤油ご飯に納豆が加わり、さらに栄養価と旨味、ボリュームがアップするので、一度食べたらハマる、中毒性のある美味しさに。これは飛ぶぞ…!

インターネット上では、ねぎや白ごま、海苔など好みの食材をプラスしている人も見受けられ、ここからさらにちょい足しをして、オンリーワンな一杯を追求してみるのも楽しそうだ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ