無理なく痩せるが叶う“たった1つ”のルール、“細い腰周り”に導く簡単習慣など今週注目の話題

beauty news tokyo


今週(2021年10月17日~10月23日)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ キレイな体型づくりのためにも参考にしたい『無理なく痩せるが叶う“たった1つ”のルール』、『1日3回“細い腰周り”に導く簡単習慣』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

無理なく痩せるが叶う“たった1つ”のルール


我慢と努力を重ねるというイメージが付きまとうダイエット。そんな苦労を乗り越えて減量に成功したなら、リバウンドは絶対に避けたいところです。そこで参考にしたいのが、ガールズグループMOMOLANDの元メンバーで、現在は女優と活躍するヨヌ。10kg以上の減量に成功後、“たった1つ”の【ダイエットルール】を守ることでベスト体重をキープし続けています。

「食べなければ痩せる!」…衝撃のダイエット法

10kg以上減量したヨヌが実践したダイエットは過酷そのもの。「1日に卵1個と牛乳のみ」という驚きの食生活を半年に渡って続けたと言います。

決して真似できるものではありませんし、真似するべきでもありません。しかしながら、ヨヌのすごいところはこれだけ極端でストイックなダイエットをした後も、決してリバウンドをしていないところ。これは急激なダイエットに成功してはリバウンドで太ってしまい、またダイエットして体重を落とすという”ヨーヨー現象”を繰り返す人も少なくない中で特筆すべき点と言えます。

リバウンドを回避するための“たった1つ”のルール

そんなヨヌがリバウンドを回避するために設定した“たった1つ”のルールがあります。それは「太ったと感じたら即調整する!」というもの。TVのモニターや鏡に映る自分のボディラインを厳しくチェックし、「ここが太った!」と発見したときは食事量を減らしたり、スムージーを食事に置き換えたりなどの調整を行っているそうです。

このルールを徹底することで、取り返しのつかないほどに太ることを予防。ちなみに彼女が食事で調整を図っていた理由は「多忙で運動をする時間が全く作れなかったから」とのことで、忙しい毎日を過ごす私たちにも真似しやすいと言えるでしょう。「最近太ったかも?」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1日3回“細い腰周り”に導く簡単習慣


オンナらしいメリハリのある体を手に入れるために欠かせないポイントが、キュッと引き締まった細い腰周りです。そこで、そんな理想の腰周りを手に入れるべく習慣に採り入れたいのが、ヨガの簡単ポーズ【ウールドゥワ・ハスタ・アーサナ】。お辞儀をするような簡単な動きで、腹筋と体幹を同時に強化できます。



(1)両脚を揃えて直立し、胸の前で合掌する

(2)合掌した手を頭上に真っ直ぐ持ち上げて手のひらを前に向け、上半身を骨盤から折るイメージで背中を真っ直ぐにしたままお辞儀をしていき、床と上半身が水平になった位置でゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

(3)骨盤を引き上げて(1)の位置に戻る

これを“1日あたり3回を目標”に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「背筋を真っ直ぐした状態で行うこと」がポイント。お辞儀をした時に背中が丸まった状態にならないように注意して実践してみてくださいね。<ヨガ監修:YUKIE(インストラクター歴4年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ