曖昧な関係で良かったのかも……やっぱり友達のままが良かったと思う瞬間

カナウ


曖昧な関係で良かったのかも……やっぱり友達のままが良かったと思う瞬間

好きな人と友達以上恋人未満の曖昧な関係が続いていると、「いつか恋人同士になりたい」と思うもの。

しかし、いざ正式に付き合ってみたときに、「友達のままで良かったかも」と感じるケースも。

今回は曖昧な関係のふたりが恋人同士になったとき、「やっぱり友達のままが良かったと」と思う瞬間を紹介します。

目次

自由が無くなったとき


お互いに惹かれ合っているのに、恋人同士ではない、いわゆる「友達以上恋人未満」の曖昧な関係はハッキリしなくてつらいもの。
しかし、曖昧なだけに「恋人同士だからお互い自由に行動できる」というメリットもあります。
正式に付き合っているわけではないので、どこでなにをしていようと、その行動を禁止することはできないのです。
しかし、曖昧な関係から正式な恋人同士になってしまうと、そうはいきません。
パートナー間でさまざまなルールができてしまいます。
「異性と遊ぶのは禁止」
「同性の友達と遊ぶときも夜遅くならない」
「毎日定期的に連絡を取り合う」
など行動に制限が発生してしまうのです。
このようなルールに対して「束縛されるのは息苦しい」と感じるような人もいます。
そのような人は「友達のままのほうが気楽でよかった」と考えてしまうこともあるのです。

恋人になったら自然体で振る舞えなくなったとき


友達以上恋人未満の曖昧な関係が長く続くと、その距離感がお互いにとって最適なものになってしまうケースがあります。
そんなふたりが恋人関係になると、距離感が近すぎてしっくりこないこともあるのです。
それまで、ふたりきりで遊んだり、手をつないだりなどしていたものの、一線は超えない関係を続けていた場合など、いざ一線を超えてしまったら妙にギクシャクした空気が流れるというのは珍しいことではありません。
大抵はそんなギクシャクした空気になっても、やがて恋人へと関係が深まっていくものです。
しかし、なかには違和感から抜け出せない人たちもいます。
そうなると、ふだんの会話などもぎこちなくなっていくもの。
「友達のころのほうが楽しかったなぁ」と曖昧な関係だったころを懐かしく思うのです。

恋愛的な好きじゃないと気づいたとき


友達以上恋人未満の関係が長く続いていると、「曖昧な関係のままじゃいられない」と考えるもの。
曖昧ながらも自由でいられる現状にそれほど不満を感じていなくても、「この関係は不健全」と考えて、恋人として正式に恋人になるカップルもいます。
それでうまくいけばいいですが、なかには付き合ってみると、「恋人としては好きじゃなかった」と気づくケースもあるのです。
好きには種類があって、曖昧な友達関係なら好きだけど、恋人としては好きじゃないこともあります。
なぜ、恋人としては好きになれないかは、「恋人としては頼りない」「恋人としては見た目がイマイチ」など人それぞれ。
いずれにせよ恋愛対象として好きではないと気づいたときに「友達のままで良かった」と後悔するのです。

まとめ


曖昧な関係から抜け出して、恋人同士になっても「友達のままが良かった」と後悔するケースもあります。
友達としてなら良好な関係を築けても、恋人関係だとうまくいかないこともあるのです。
もし、恋人としては「好きじゃない」という気持ちが消えないなら、関係解消を検討してみましょう。
(大船くじら/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ