本命にはできないよー!遊びの女にはやるのに本命には絶対しないスキンシップ

ハウコレ



積極的にスキンシップされたら「私のことが好きなのかな」と思うのも仕方のない話。しかし、男性には本気で好きな女性だからこそできないスキンシップもあるのです。そこで今回は、本命には絶対しないスキンシップをご紹介します。

■ハグ
女性慣れしている男なら、軽いスキンシップとしてハグをする人もいます。しかし、相手が本気で好きな女性だと急に意識して恥ずかしくなってしまうのです。いつもは慣れているはずなのに「自分の匂いは大丈夫か」「嫌がられていないか」などいろんなことが気になってハグができなくなるのですね。

■腰に手を回す
腰に手を回す行為はある意味、恋人だから許されるものでもあります。恋人でもないのに女性の腰に手を回せば、下心があるように感じとられてしまいますからね。だからこそ、本気で好きな女性に対しては絶対に腰に手を回すことはしません。逆に遊び相手や体目的の相手であれば、簡単に腰に手を回します。本命相手ではないので、腰に手を回したことで嫌がられたり、避けられたりしてもどうってことないからですね。

■頭ポンポン
頭ポンポンを気になる男性からされたら、思わずどきっとしますよね。しかし、頭ポンポンは遊び相手や興味のない人に対しても気軽にできる行為。女性の中には髪の毛を触られたくないと思っている人もおり、それをわかっているからこそ本命相手に対しては気軽に触れられないのです。頭ポンポンをしてほしいと夢見ている女性もいますが、男性は男性で頭の中で必死に葛藤しているのでしょう。

■肩を抱く
肩を抱く行為は比較的誰ともできる気軽なスキンシップ。しかし、本命相手にはこんな簡単なスキンシップすらできなくなるのです。男性は本気で好きな女性に対しては簡単に触れることはしません。触れることで嫌がられたりなんてしたら、立ち直れませんからね...。

彼に触られないからといって落胆するのは早いかもしれませんよ。男性にとっては触れないことこそが、愛情表現の1つなのです。嫌われたくないからこそ、触れることを我慢しているのかも!?

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ