ジャズが流れるロビーでくつろぐ。居心地満点【ホテルリソル名古屋】流の過ごし方

beauty news tokyo


名古屋駅から徒歩4分の好立地に立つ【ホテルリソル名古屋】。スタイリッシュなロビーラウンジではいつもジャズが流れていて、洗練された雰囲気を醸します。コンパクトながらも都会的で落ち着いた客室や、快適な眠りを重視した備品やベッドなど居心地も満点。ピザ専門店での無料朝食もおすすめです。

洗練されたロビーを楽しむホテル


広々としたロビーラウンジは、ジャズを聴きながらくつろいだり、非日常を満喫しながらパソコンを利用できるスペースもあります。ホテルリソル名古屋はこのロビーを楽しむために泊まる、といっても過言ではありません。



▲アート関連の書籍を飾るレセプション。オンラインで予約すれば、サインひとつでスピーディーにチェックインができます



▲ロビーにはソファや椅子が用意され、ジャズを聴きながらくつろぎのひと時を過ごせます



▲ロビーを流れるジャズはレコードで再生



▲スピーカーは、世界的なエレキギターメーカーの「ギブソン」。チェリーサンバーストと呼ばれるカラーリングが、音楽ファンの心をくすぐります



▲レコードは名盤を中心にコレクション。リクエストの多いマイルス・デイビスは、盤面が擦り切れてしまったとか



▲ガラスの球体に苔や植物を植える京都の植栽家、村瀬貴昭氏がプロデュースしたテラリウム「スペースコロニー」。ロビーの入口付近に展示しています



▲ロビーの奥にあるデスクはコンセントを備え、パソコン作業に便利です



▲音楽やアート、日本文化や車など、幅広ジャンルの本が置かれるライブラリー。自分の世界を広げてみたいという方にぴったりです



▲フリーで利用できるコーヒーマシンは、館内の雰囲気に合わせてラッピング。コーヒーとデカフェを用意しています



▲名古屋駅前のメインストリート「桜通り」に面した窓からは、イチョウ並木を行き交う人や車をコーヒー片手にウォッチング。夜はお酒を持ち込んで楽しむこともできます



▲アットアロマとコラボしたオリジナルアロマ

ホテルリソルのウェルカムアロマは、13種類の天然ハーブをブレンド。心がホッとくつろぐシトラスフローラルとウッドの香りです。左のエアフレッシュナーを服などに使えば、香りと消臭のダブル効果があります。

心地のいい客室空間


客室はライティングにこだわった落ち着いたスペース。木のブラインドがかかり、アンティーク調のソファが置かれます。フローリングされた床はスリッパで過ごせるシューズオフスタイル。コンパクトな間取りですが、なんだか落ち着く客室です。



▲エレベーターホールと客室階の廊下は、巨大なフロア表示がスタイリッシュ



▲最も部屋数の多いスタンダード客室「モダレットダブル」



▲一番小さな客室にも、ダブルサイズのベッドを備えます

リソルオリジナルのベッドマットは、柔らかめで沈み込みますが、しっかり体を支えてくれるので快適。購入するゲストもいるそうです。



▲「リズム」をホテルのテーマにしているため、壁には楽器が描かれています(写真はスタンダードツイン)

くつろいで過ごすための客室備品にも注目


ちょっとした備品や小物にも、個性を感じるホテルリソル名古屋。滞在中、くつろいで過ごすためのアイテムが用意されています。



▲あえて大きめのデスクを排した客室。PCをはじめとするお仕事は、居心地のいいラウンジでするのがリソル名古屋流。



▲目覚まし時計はアーリーアメリカン調のデザインを得意とする「ブルーノ」。ベッドサイドの照明は、主に機械の操作などで使われるトグルスイッチを採用。アンティークさもプラスします



▲リラックス効果のあるラベンダーブレンドのお茶も用意。寝る前にいただけば、心地よい眠りが訪れます



▲水まわりはユニットバス。用意された入浴剤は、ほのかなラベンダーの香りでリラックスできます



▲「HAIR&BODY CAREプラン」には、フランスのオーガニックコスメブランド「NUXE(ニュクス)」のバスアメニティセットが用意されています



▲「FACE CAREプラン」に用意される「オムニサンス・パリ」の基礎化粧品。潤いを保ち、アンチエイジング効果のある海洋深層水にこだわったオーガニックブランドです

壁紙がレアなアニマル仕様の客室


実は表立って紹介してはいないのですが、客室をリフォームした際、デザインの試みとして考えられたアニマルプリントの客室があります。犬、牛、羊、象、各1部屋ずつの4タイプ。興味のある方は問い合わせてみてください。



▲スタンダードツインの「牛ルーム」は、大草原にのんびりたむろする牛たちの写真がなんとも牧歌的。牛好きのゲストに人気です



▲壁一面に大きな犬の横顔がプリントされたモダレットダブル。優しそうな目元に癒されます。このほか「羊ルーム」はデラックスダブル、「象ルーム」がモダレットダブルです

名古屋らしい無料の朝食がついたお値打ち価格!


朝食は1階のピザレストラン「3ピース」でいただきます。しかも宿泊客にはもれなく無料でついてきます。メインディッシュには、ピザ、オープントースト、ベーコンエッグトースト、スープ&トーストの4種類を用意。そこにサラダやスープなどのサイドメニューと、ドリンクを1点ずつ選びます。



▲2021年8月にオープンしたホテル1階のピザ専門店「3ピース」

「3ピース」は、蟹料理の「甲羅」や鍋料理の「赤から」を運営する甲羅グループのピザ専門店の1号店。ホテルの無料朝食は3種類のピザが用意されますが、通常メニューは5種類のピザに、40種類のトッピングから組み合わせることができます。



▲アメリカンスタイルの店内



▲ピザはオーダーが入ると生地をのばして作る本格派。出来立てをいただけます

注文したピザは、あっさりめのマリナーラソース(トマトソース)で、ちょっと薄目の生地はカリっと焼きあがっていました。マカロニ入りのミネストローネは濃厚です。

居心地のいい客室やジャズの流れるスタイリッシュなロビーなど、ちょっとした非日常を楽しみたいといいう方におすすめの【ホテルリソル名古屋】。ロビーを思う存分利用してみてくださいね。<text&photo:みなみじゅん 予約・問:ホテルリソル名古屋 https://www.resol-nagoya.com/>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ