宮下草薙・宮下「自分以外から発生したものが全部イヤ」 超潔癖症を告白

お笑い芸人の潔癖症といえば今田耕司、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、金田哲(はんにゃ)が有名だが、最近では亜生(ミキ)もかなりのレベルだと自身も認めている。ここに新たな芸人が仲間入りしそうだ。ミキと同じ第7世代の宮下兼史鷹(宮下草薙)である。

上田晋也くりぃむしちゅー)がMCを務めた『上田晋也VS人気芸人 トーク検定2時間SP』(フジテレビ系、22日放送)には、ベテランから若手まで幅広い世代の芸人ゲストが集い、今一番話したい“絶対に盛り上がるだろうトーク”で火花を散らした。密告トークとして草薙航基宮下草薙)が紹介したのは、相方・宮下兼史鷹の潔癖すぎる私生活である。

宮下が潔癖症なのは、普段から一緒にいるのでよく知っているという草薙。エレベーターのボタンはスマートフォンの角で押しており、草薙の部屋でネタ合わせしていてもトイレに行きたくなるたびに宮下は自宅に戻るからだ。逆に草薙が彼の家に行くと、まず玄関でアルコール消毒液を頭から吹きかけられ、テレビのリモコンを触ろうものなら激怒され、除菌シートで本体だけでなく中の電池まで出して拭いていたそうだ。

草薙が一番驚いたのは、宮下が交際している女性を家に招いた時は玄関で服を全部脱がせて浴室に連れて行き、2人で一緒に体を洗ってからリビングに入れることだった。宮下曰く「自分以外から発生したものが全部イヤ」で、彼女とキスをする時も必ずイソジンでうがいをさせるそうである。成り行きでとか、予定外の場所でキスをすることはないという。「彼女は嫌がらないの?」という質問が他の出演者からあったが、付き合う前に「自分は潔癖症」だと伝えているのでトラブルになったことはないらしい。

宮下がこのように潔癖になったのは母親の影響が大きいのだが、全く違和感を持たずに育ってきたと話す。母親はスーパーから帰ると浴室に直行し、自分の体を洗うだけでなく買ってきた商品も一緒に洗っていたのでそれが当たり前だと思っていたのだ。確かに母親の影響で、亜生も潔癖症になっている。彼は兄の昴生が外から帰ってくるとまず玄関で服を全部脱がされ、そのまま浴室に連れて行かれ母親がゴシゴシ洗っているのを見て育ったため、「いつもキレイに」「自分も気をつけなければ」と強迫観念にとらわれてしまったという。とにかく「人が触れたものに触ることが嫌」と語っていた。

宮下は現在交際中の女性と結婚を考えているそうで、彼の潔癖症をよく理解して協力もしてくれるというから幸せそうだ。

画像は『TBS クイズ!THE違和感【公式】 2021年10月19日付Instagram「昨日はご視聴いただきありがとうございました!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ