キャバ嬢たちが眞子様の御成婚報道にもの申す。過熱報道と元婚約者には「喝!」

日刊SPA!

◆夜の街の女性たちはご成婚をどう見たか?

今月26日に控えた秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんのご結婚。同時に眞子さまは「複雑性PTSD」と診断されたことが公表され、ご結婚後のNYでの生活含め日本中ならぬ世界中から注目を集めている。

今月4~5日、読売新聞社が実施した緊急全国世論調査で眞子さまと小室圭さんが結婚されることについてのアンケートでは、「よかったと思う」との回答は53%と半数を超え、「よく思わないという」という回答は33%だった。

それを受けて「もう、祝福してあげればいいんじゃないですかね……」と首をかしげるのは夜の世界に生きる水商売の女性たち。男と女の色恋沙汰を数多く経験する彼女たちに、一連の騒動に思うことから祝福の声までを聞いてみた。

◆素直に祝福したいけど、嫁姑問題が不安

まず、話を聞いたのは都内のキャバクラに勤務する20代女性。

「結婚は当人同士の問題なので、一般人があれこれ口出しすることではないと思います。結婚自体はすごくおめでたいことですし、いくら小室家に問題があろうとそれは家族同士で解決すること。

国民は黙って見守るべきだと思います。ただ、ここまで大事になってしまったのは小室さんの母親の問題なのに当の本人の説明が何もなかったからだと思います。最初から釈明していれば、眞子さまも体調を崩すこともなかったのかもしれませんね。

結婚してからも元婚約者とのいざこざは続きそうですし、小室母とはNYで同居するという話もあるし……。眞子さまが幸せでいてくれることが1番ですよね」

おめでたいから祝福したい……だが、眞子様を待ち受ける「嫁姑問題」については不安だとか。女性ならではの意見である。

◆マスコミはもっと配慮しなきゃダメ!

一方で、都内のスナックに勤務する40代女性はマスコミの報道のあり方に疑問を感じているようだ。

「もうね、いい加減マスコミが騒ぎすぎなんですよ。眞子さまが複雑性PTSDと診断されたこともマスコミが過熱報道して一般人が好き放題、ネットで騒いだことが原因ですよね。

ここまで加熱しちゃったんだから記事はコメント欄を閉鎖するとか、マスコミも配慮するべきだったのでは……と思います。それで、結婚発表が決まったら手のひらを返したように帰国した小室さんのところに詰め寄ってまたもや過熱報道。

ワイドショーもそればかりで小室さんの一挙一動を速報していて、一般人相手にそこまでする?と呆れましたね。小室さんの実家には多くの野次馬やYoutuberが集まっているとも聞くし、小室さんにプライバシーの権利はないのかなと。さすがに可哀想と思いましたね」

メディアに携わる者として、なんとも耳が痛いご意見。確かにワイドショーなどの報道はやり過ぎ、行きすぎと思う人は多い。こうした報道合戦も水を差す恰好になったのは否めないだろう。

◆小室家のゴタゴタを一喝!

一方で、大阪の熟女キャバクラに勤務する30代女性は、一連の原因は小室さん母の元婚約者では?と指摘する。

「そもそも、あの婚約者が金銭トラブルを内輪だけで解決せずにマスコミに公表したことがここまで大事になってしまったきっかけやろ。小室さん母と婚約しているときは金持ちやったんかもしれへんけど、お金がなくなった途端、金を返せってあまりにもセコすぎるわ。

キャバ嬢にフラれた客が『今まで払った飲み代、全部返せ』と言ってるのと同じ。ハッキリ言ってドン引きですよ。

しかも、小室さん側は解決に向けて動こうとしているのに、元婚約者は何かにつけて引き伸ばして問題を長引かせようとしとるやん。眞子さま達がご結婚しても、週刊誌にしゃしゃり出てきて小銭稼ごうととしているのがミエミエ。器が小さすぎるねん!」

夜の世界の住人からも眞子さまを気遣う声が多く上がっていた。結婚に反対の声もあるが、国民の想いは眞子さまが結婚して幸せになることだろう。問題が早く解決することを願うばかりだ。

取材・文/日刊SPA!編集部

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ