JTBのMOOK『絶景CAMP GUIDE』は写真集のように楽しめて実用情報も満載

IGNITE


キャンプが好きな人、してみたい人は注目の写真ガイドが出版された。



■絶景キャンプ場を写真集のように楽しむ

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供するJTBパブリッシングは、JTBのMOOK『絶景CAMP GUIDE』を発売した。

『絶景CAMP GUIDE』は、絶景キャンプ場を紹介した、写真集のように楽しめるガイドブック。北海道から沖縄まで、絶景を堪能できるキャンプ場を約40ヵ所掲載している。年間約100日キャンプをするフォトグラファーをはじめ、キャンプを仕事にするプロフェッショナルが「絶景」と太鼓判を押せる場所のみ、厳選して紹介。



キャンプ場の基本情報や、設備、難易度についても掲載しているので、コロナ禍でキャンプをはじめてみたいと思っているキャンプビギナーにもおすすめだ。

気軽に楽しめるキャンプ場はもちろんのこと、雪の中や無人島でのキャンプなど、さまざまなテーマでピックアップしているので、キャンプに慣れた人も楽しめる内容となっている。写真集のように眺めているだけでも楽しく、次のキャンプ場選びにも役に立つ1冊だ。

■『絶景CAMP GUIDE』の特長

・キャンプ場の写真は、すべて撮りおろし!

絶景が見られるベストシーズン、ベストなタイミングに、全国のキャンプ場を撮影した。

新緑、紅葉、雪などの季節限定の風景はもちろん、夕日、朝靄、星空からロケットが見られる絶景まで、幅広いテーマで取り上げている。すべてのキャンプ場の写真は、年間約100日キャンプをするフォトグラファー・猪俣慎吾氏が撮影を敢行。



・キャンプ場の難易度やおすすめポイント

キャンプ場の設備の充実度やアクセス、費用など、基本情報を掲載しているので、見るだけではなく実用書としても活用できる。

難易度は星3つで紹介しているので、経験値にあわせてのキャンプ場選びに役立つ。実際にキャンプ場を訪問した猪俣氏のリアルなコメント付きで、臨場感あふれるガイドとなっている。

・多彩な特集

インフルエンサーとして活躍しているYURIE氏による、キャンプスタイルに迫る。キャンプの魅力や楽しみ方など、憧れのキャンプスタイルを実現するためのコツを伝授する。


・絶景キャンプをするためのコツ

「絶景キャンプ場の選び方」、「星を見るにはどうすればいい?」、「絶景を見るための移動手段と装備」、「無人島でキャンプをする方法」など、絶景キャンプをするにあたってのコツをコラムで紹介。キャンプのレベルをアップするハウツー情報満載だ。





コロナ禍で休日の過ごし方に対する考えも大きく変わってきた。アウトドアに興味が出てきた人にとっては、キャンプ欲を沸き立たせてくれる入門ガイドとなりそうだ。



JTBのMOOK『絶景CAMP GUIDE』

定価:1,540円(税込)
仕様: A4判/128 ページ
発行:JTB パブリッシング

※画像はイメージ

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ