井ノ原快彦、ナレーション続投に「よかった」 『すみっコぐらし』映画第2弾で「とかげ」に浮気

エンタメOVO


 劇場アニメ『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』お披露目試写会が22日、東京都内で行われ、劇中のナレーションを務めた井ノ原快彦、本上まなみと、大森貴弘監督が登壇した。

本作は、“すみっこ”を好む個性的なキャラクターが多数登場する「すみっコぐらし」の劇場版第2弾。

前作に引き続きナレーションを担当した2人。井ノ原は「ずっと前から『第2弾があるらしい』とは聞いていたけど、『違う人がやるのかな?』と思っていた。連絡がきたときは『よかった』って」と続投の喜びを語った。

本上も、続投できることに感謝を述べつつ、「1作目では、井ノ原さんはひたすら温かい感じなのに、私は『容赦なくストーリーを進める女』と言われ…」と苦笑。

ドキドキしながら収録に臨んだそうだが、「とても楽しいひとときでした。今回は容赦ない感は少し薄まっているかな」と語った。

劇中の「好きなキャラクター」を尋ねられた本上は「しろくま」を挙げ、「何より寒がりでお茶を飲んでいると落ち着くというのが、私にすごく似ているなと思って」とにっこり。

井ノ原は「“えびふらいのしっぽ”が好きなんですが、今作では“とかげ”に浮気しちゃう感じ。本当にかわいくて、グーッと心が引き込まれました」と語りながら、壇上のとかげに目を向けた。

また、「使ってみたい魔法」を尋ねられた本上は「ちょっとジャンプしただけで2階まで上がれる魔法」と回答。

井ノ原は「怒っている人の語尾が『ぽ』になる魔法」と答え、具体的には「『てめえ、ふざけんな“ぽ”』みたいになっちゃう」と説明。「いくら怒ってもそうなっちゃうから、みんなが怒るのをやめる、みたいな。そうすれば、世の中平和になるんじゃないかな」と語った。

映画は11月5日から公開。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ