ショーン・ポール、アップビートな新曲「Dynamite」でシーアと再びタッグ

Billboard JAPAN



ショーン・ポールが、シーアと再びタッグを組んだ新曲「Dynamite」をリリースした。2016年リリースの大ヒット曲「Cheap Thrills」以来2度目となる、ジャンルを超えた待望のコラボレーションとなっている。

この曲は、アデルやピンクなどの楽曲を手掛け、先述のヒット曲「Cheap Thrills」でもプロデュースをしているグレッグ・カースティン、そして音楽プロデューサーデュオのバンクス&ランクスらと共に制作された。ダンスホール風のビートと、シーアのトレードマークであるハスキーな力強い歌声で、踊りたくなるようなアップビートなシングルとなった。

この曲についてショーン・ポールは「“Dynamite”は、まさに良い雰囲気の曲となった。“Cheep Thrills”をレコーディングした後、きっとシーアと一緒にまた曲を制作するだろうなと思っていて、実際にこれがその第2弾となったよ」と語っている。さらに「バンクス&ランクス、グレッグ・カースティン、シーアと僕の4人でこの曲を制作したが、最初のシングルのようにみんながこの曲を気に入ってくれることを願っているよ」とコメントし、制作チーム全体と、さらにショーンがシーアの音楽を知るきっかけを与えてくれたという母へ感謝の気持ちも述べている。

◎リリース情報
配信シングル「Dynamite」
ショーン・ポールfeat.シーア
2021/10/22 RELEASE
https://umj.lnk.to/SeanPaul_SIA_DynamitePR

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ