土日の天気 冬のリハーサルから秋晴れへ 服装選びの決め手は?紅葉が見ごろの所は?

日直予報士

この土日は、全国的に天気と気温の変化に注意が必要です。23日土曜は、日本海側では午前中を中心に雨や雷雨で、晴れる太平洋側も風が冷たいでしょう。24日日曜は、全国的に秋晴れで、朝晩と日中の気温差(寒暖差)が大きくなりそうです。服装選びにご注意ください。

●23日土曜は「冬のリハーサル」 ポイントは?

この土日は、土曜と日曜で、天気や体感温度が大きく変わるでしょう。
23日土曜は、一時的に「西高東低」の気圧配置になるため、「冬のリハーサルのような天気」になりそうです。
日本海側では、午前中を中心に傘が必要でしょう。九州北部や山陰、近畿北部は明け方まで、北陸や東北から北海道の日本海側では昼頃まで、あちらこちらで雨や雷雨となりそうです。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。
また、北海道だけでなく、東北や関東北部、甲信、北陸など、本州の標高の高い所でも、雪の降る所があるでしょう。峠を越える車は、路面状況にお気をつけください。
一方、太平洋側では、明け方まで雨の残る所もありますが、次第に広く晴れる見込みです。空気がカラカラに乾くので、洗濯日和ですが、「晴れる所でも、北よりの風が強い」のがポイントです。洗濯物は飛ばされないよう、しっかり留めて干してください。火の取り扱いにも、注意が必要です。
最高気温は、関東から西では20℃以上の所が増えますが、一般的に、風速が1メートル強まると、体感温度が1℃下がると言われています。気温の数字ほどの暖かさはないでしょう。

●24日日曜は「秋晴れ」 ポイントは?

24日日曜は、一転して、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。そのため、全国的に「秋晴れ」となりそうです。
日本海側でも天気が回復して、日差しがでるため、洗濯物を外干しできる所が多いでしょう。空気の乾く所が多いので、布団を干しても、ふっくらと気持ち良く仕上がりそうです。衣替えがまだの方は、乾いた空気と一緒に夏の洋服をしまうのもおすすめです。
ただ、ポイントは「朝晩と日中との気温差(寒暖差)が大きくなること」です。穏やかに晴れる日ほど、朝は放射冷却現象が強まるので、朝はグンと冷えます。関東から中国、四国では、最低気温が10℃くらい、最高気温は20℃くらいの所が多い予想です。

●この土日 服装選びの決め手は?

暑がりの方や寒がりの方、それぞれですが、この土日は、日によって服装選びの決め手が違います。
23日土曜は、服装選びの決め手は、気温の数字だけでなく、風の強さも影響しそうです。全国的に北風が強く吹くので、なるべく風を通しにくい素材の服装が良いでしょう。
24日日曜は、朝晩と日中との気温差(寒暖差)が大きくなるでしょう。一般的に気温が5℃違うと、服装1枚分に相当すると言われています。服装の決め手は、時間ごとの気温です。予想最低気温と最高気温の数字を目安にして服装を選ぶのが、おすすめです。気温によって調節しやすいよう、脱いだり着たりしやすい服装を心がけてください。

●紅葉が見ごろの所は?

この土日、土曜は太平洋側を中心に晴れて、日曜は全国的に秋晴れとなるため、紅葉が見ごろを迎えている所では、青空と紅葉とのコントラストを楽しめそうです。
tenki.jpの紅葉情報によりますと、22日金曜現在、紅葉が見ごろを迎えているのは、北海道の滝上渓谷 錦仙峡、秋田県の鳥海山(鉾立)、岩手県の平庭高原、栃木県の川俣湖・瀬戸合峡、山梨県の南アルプス白鳳渓谷、長野県の戸隠高原 鏡池などです。
ただ、標高の高い所では、街中に比べて、昼間も空気がヒンヤリと感じられるでしょう。紅葉狩りは、暖かい服装で楽しんでください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ