【家族あったけえぇぇ】映画 『浅田家!」』はもらい泣きします

Oh!My!ムービー

幼い頃、父からもらったカメラを撮るのが好きで写真家を志した二宮和也演じる主人公の浅田政志は、家族を巻き込んでユニークすぎる「家族写真」を撮り続けます。

そんな政志を支える家族はちょっと風変わりですが、そこがおもしろく愛情深い。家族とはなにか?もう一度見つめ直したくなる、笑いあり涙ありの心温まる物語です。

一生にあと1枚しか撮れないとしたら?

写真家を志した政志は写真の専門学校に進み、悩んだ末に卒業制作として選んだ題材は「家族」でした。家族の思い出のシーンを再現した写真は、学校長賞を受賞。そして、ここから家族を巻き込んだ写真家としての政志の物語が始まります。

政志は父、母、兄、自分の4人家族を被写体に、「家族がなりたかったもの」「家族がやってみたかったこと」をテーマに家族写真を撮ります。消防士、バンドマン、レーサー、極道、ラーメン屋など、家族全員がコスプレして全力で撮影している姿はとてもおもしろく、それを楽しんでいる浅田家に惹き込まれてしまいます。そして全力で撮った家族写真を写真集にした「浅田家」は、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞を受賞しています。

写真家の自分にできることは?

写真家として軌道に乗りかけていたときに、東日本大震災が起きます。以前家族写真を撮った家族が被災したことを知った政志は、安否を確かめるために被災地へ。

そこで出会ったのは、菅田将暉演じる小野という人物でした。小野は震災のガレキの中からアルバムや写真を探し、泥や汚れを落として持ち主に返すボランティアをしていました。政志もそのボランティアに参加することで被災した家族を目の当たりにし、家族とは?写真家として自分にできることはなにか?模索することになります。

思い出を記憶だけでなく、写真として記録に残す意味

「浅田家!」は家族の写真を撮るということを通して、家族の絆や大切さを考えされられます。東日本大震災を背景に、家族や大切な人を失った時の絶望と悲しみをどうやって乗り越えるのか。

被災地での写真復元ボランティアで写真が人と人をつなぎ、写真として記録に残すことで残された人に生きる力になることを表現しています。『浅田家!』は共に笑い、共に泣き、家族の絆を再認識するきっかけになった映画でした。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ