【検証】2階に自宅があるお店は、安くてウマいお店なのか?

10月19日、日本テレビ系バラエティー『ヒューマングルメンタリー オモウマい店 2時間SP』(19:00~20:54)で、恒例の企画が放送されました。
その企画の名は『2階が自宅の店はオモウマい!』
『オモウマい店』が提唱する「2階に自宅を併設している店は、料理が安くてうまい」を検証するコーナーです。今回もタクシーに飛び乗って、2階に自宅があるお店を探して、神奈川県や千葉県をぐるぐると巡る取材ディレクター。そして千葉県で、2階に自宅がある、お蕎麦屋さんを発見しました。果たして、その検証結果は?

『オモウマい店』が見つけた、千葉県なのに店名が『名古屋』のお蕎麦屋さん

『オモウマい店』のディレクターが、千葉県香取市をタクシーで走っていて街道沿いに気になる、お店を発見します。そこは店名が『そば処 名古屋』という、お蕎麦屋さんでした。千葉県なのに名古屋?と気になり、店の建物の前に行くと、2階に生活感満載の自宅がありました。早速、取材を開始すると、そこは夫婦で営む蕎麦屋で、店名の由来は「名古屋のきしめん屋から、のれん分けしてもらったから」とのこと。店主のおすすめ『特盛もどき』という、何とも不思議な名前の蕎麦メニューを注文するディレクター。出て来たのは、どう見ても「もどき」ではなく「特盛」に見える容量2.2Kg、約6.5人前の、もりそばでした。それでも店主が「『特盛もどき』だ」と強調するメニューは、北海道産のそば粉で打った麺や、かつお節など4種類の具材をブレンドして作った出汁を使い、見るからにおいしそうです。それなのに値段は、1210円と破格の安さ。

これには、スタジオにいるMCのヒロミや、お笑い芸人のバイキング小峠、ゲストの梅沢富美男もびっくり。他にも、もりそばに大盛りの生姜焼きやお惣菜、白飯などのついた「生姜焼きランチ」が940円、エビ3本を含む天ぷらがたくさん乗った天丼がついた「上天丼セット」が1280円と、量と値段、さらに見た目がおいしそうなメニューが紹介されました。

安くて大盛りのメニューを出す理由

安くて大盛りのメニューを出す理由を探るために、番組では『そば処 名古屋』を経営する夫婦の人柄も紹介します。なぜ、安くて大盛りメニューを出すのかと尋ねるスタッフに店主は「せっかく店に来てくれてお腹いっぱいにならなかったら悲しいから」と答えます。その思いから、ざっくり目分量で作っているうちに、どんどん巨大化してしまったのだとか。その思いは、取材するスタッフにも向けられ、朝、昼、晩と出してくれるまかないも、もちろん大盛りセット(笑)そのやさしくて気さくな人柄に、スタジオの久本雅美や滝沢カレンも感動します。

やはり、2階に自宅を持つ店の料理は「オモウマイ」ことが立証されました。

※トップ画像は『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ