映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』が描く「人間の尊厳」とは

Oh!My!ムービー

第69回カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた本作。映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』は、イギリスの複雑な福祉制度と貧困が描かれています。この物語が、イギリス国民だけでなく、私たち日本人の心まで揺さぶるのはなぜでしょうか。

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』のあらすじ

最愛の妻に先立たれた59歳のダニエルとシングルマザーのケイティは、イギリスの複雑な福祉制度に翻弄され、貧困という現実に直面していきます。大工として働くダニエル・ブレイクは、心臓疾患のため医師から仕事を止められ国からの援助を受けることに。しかし支援手当の審査で、就労が可能と判断され援助を受けられずにいました。シングルマザーのケイティは、幼いふたりの子どもを一人で育てていました。やむを得ない事情があるにもかかわらず国からの援助を打ち切られてしまい、途方に暮れていたところをダニエルに助けられます。

互いに貧困に苦しみながらも、ダニエルとケイティは、支え合いながら懸命に生きていきます。しかしながら、貧困という現実の厳しさがダニエルとケイティを苦しめていくのでした。

複雑な制度と理不尽な対応に翻弄される人々

ダニエルは心臓疾患のため医師から労働を止められているにも関わらず、国からの援助を受けるためには求職活動をしなければなりませんでした。働けないのに仕事を探さなければならない。頑張れば頑張るほど貧困に陥っていく現実。ダニエルはいくつかの”矛盾”に直面します。そこには、イギリスの複雑な福祉制度の実態がありました。制度の公平性や効率性を求めるあまり、本当に必要な人々へ支援の手が届かないという現状が描かれているのです。これは、日本でも決して他人事ではなく、私たちに普遍的なメッセージを投げかけているように感じます。

人間の尊厳とは?お金で買えないものとは?

ダニエルは作中で「尊厳を失ったら終わりだ」と口にします。「矛盾」に目をつむりながら、支援手当を受けることができても、それは人間としての尊厳を失うことと同じだということでしょう。お金がなければ生きてはいけないけれど、心の豊かさまで失いたくないというダニエルの真っすぐな生き方には心を打たれます。心の豊かさは、お金では買えないもの。それを失うことの方が、よっぽど人間として貧しいことだと問いかけてきます。しかしダニエルの生き方は、時にダニエル自身を苦しめてしまうことも。そこにやるせなさを感じるのです。

「私は人間だ。犬ではない」と叫ぶダニエルの心の声は、制度のはざまに立たされた人々の心の声を代弁したものかもしれません。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ