「おでんはいかが?」屋台を切り盛りする女将インコ


おでん屋台から顔を出すりんごちゃん(クリッチさん提供)

小鳥とミニチュアは相性が良いということもあり、SNSではミニチュアの世界で遊ぶ小鳥さんの姿を多く目にします。徐々に肌寒い季節になってきた今日この頃、あったかい「おでん」の屋台で出迎えてくれるインコの女将さんがTwitterに投稿されました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

おでん屋台の女将インコは、コザクラインコのりんごちゃん。2020年10月生まれで、クリッチさんのおうちで暮らしています。

コザクラインコのりんごちゃん(クリッチさん提供)

飼い主のクリッチさんいわく「やんちゃな暴れん坊」で、粟穂が好物だというりんごちゃん。クリッチさんはたびたび、ミニチュアの世界で遊ばせています。

お月見りんごちゃん(クリッチさん提供)

今回、Twitterの投稿に登場したおでん屋台は、クリッチさんが「昔から集めている」というシリーズもののミニチュア。「はじめはお客さん役で撮ろうと思ってましたが、自ら中の方に移動して顔を出してくれたので、店主っぽく撮れました」とクリッチさん。

客待ち中のりんごちゃん(クリッチさん提供)

屋台の向こう側から、お客さんを迎えるように「いらっちゃい」と顔を出すりんごちゃん。長年屋台で頑張っている、包容力ある女将さんの雰囲気が出ていますね。

撮影の様子を「りんちゃんは普通の鳥さんとは逆で、目新しいものが大好きなので、自分のおもちゃだと思って興奮してました」と語ってくれたクリッチさん。喜んでくれると、飼い主としても嬉しいですよね。


<記事化協力>
クリッチさん(@LOVEKEDS_)

(咲村珠樹)

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ