ウォーリー木下演出、矢田悠祐・上口耕平ら出演で舞台『僕はまだ死んでない』上演決定 穏やかかつリアルに描き出される“誰もが迎える”人生の最期

SPICE



2022年2月17日(木)から28日(月)まで、東京 銀座・博品館劇場にて、ウォーリー木下が原案・演出を手がける舞台『僕はまだ死んでない』が上演されることが決定した。

本作はまず2021年2月、劇場へ大勢の観客が集まるこれまでのような有観客公演は困難な状況が続く中、“VR演劇”と銘打って、VR版が製作・発表された。この“VR演劇”では、VR映像の収録を有観客上演と同時に行うのではなく、収録のためだけに本番を実施。上下左右の全方位を撮影できる360度カメラを、舞台上で主人公が横たわっているベッドの上に置いて撮影することにより、主人公の視点そのものな“一人称”の映像を収録。劇場で観る演劇とも、映画とも異なる、新感覚の演劇作品が生み出された。
ウォーリー木下
ウォーリー木下

そしてこの度、2022年2月、劇場での有観客上演が決定。原案・演出のウォーリー木下には、企画当初から【VR映像での配信】と【劇場での上演】、両バージョンの構想があったという。脚本も、VR版から演劇版へとリライトが行われ、物語や描写を緻密に肉付けして膨らませ、役者が目の前で息づくからこそ真に迫って伝わる、よりリアルな物語が創り上げられるという。もし、自分の大事な家族が、友人が、最愛の人が、あるいは自分が、生死の境をさまよう事態になったら……?終わりの瞬間を見つめる主人公と彼を取りまく人々、それぞれに湧き起こる想いを、演劇という“体験”で、今あらためてリアルに感じさせる作品。

自身がプロデュースするノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」は、エジンバラ演劇祭にて最高峰の5つ星を獲得するなど海外で高く評価され、10ヶ国以上の国際フェスティバルに招聘、また、演出家として韓国およびスロヴェニアでの国際共同製作も行うなど、国際的に評価され、活躍しているウォーリー木下。手掛ける作品はジャンルレスで、ノンバーバル、ストレートプレイ、ミュージカル、2.5次元舞台と、多岐にわたる。どの作品にも通じるのは、豊かで緻密な人物描写が、表現の技巧を骨太に支えていること。今作は、彼の鋭い洞察力から生まれる、優れた人物描写、そこから生まれる濃密な人間ドラマを存分に味わえる、渾身の意欲作だ。
舞台『僕はまだ死んでない』
舞台『僕はまだ死んでない』

主人公・直人役とその幼馴染・碧役を、矢田悠祐上口耕平が回替わりで交互に演じる。直人の妻・朱音役に中村静香、そして父・慎一郎役に松澤一之、さらに担当医・青山役に、宝塚歌劇団で男役スターとして活躍、退団後はミュージカルのみならずストレートプレイや朗読劇などでも繊細な表現力で魅せる彩吹真央が出演。直人の置かれた状態は、病に倒れ、身体が動かせず意思疎通がとれない……というシリアスな状況ながら、交わされる会話の端々には、親しい間柄、身近な存在ならではのユーモアや可笑ししみが入り混じり、ときにはコメディな筆致で、観客を物語に引き込む。

STORY


僕は病室にいた。
父と、僕の友人が何やら話をしている。が、体がぴくりとも動かない。一体僕に何が起こった?
医師らしき声も聞こえる。「現状、一命を取り留めていることがすでに大きな幸運なんです」
……なるほど。そういうことなのか。

僕――白井直人(矢田悠祐/上口耕平)は、デザイナーとしての会社務めを半年前に辞め、油絵に打ち込んで夢だった画家への道を歩み始めた矢先だった。脳卒中で倒れ、自分の意志で動かせるのは眼球と瞼だけ。

そして病室には、
飄々と振る舞い軽口も叩く父、慎一郎(松澤一之)。
兄貴分の幼馴染で、親身になって回復を願っている碧(上口耕平/矢田悠祐)。
離婚の話し合いが進み、新たな生活に踏み出し始めていた妻、朱音(中村静香)。
そして、担当医である青山(彩吹真央)、
それぞれの想いとともに向き合い、進んでいく未来とは……

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ