アンタ山崎、オードリー・ノンスタが“何もできない”と挫折するほどの“凄さ”とは?「全部のボケが…」

E-TALENTBANK


10月20日に放送されたテレビ東京系『あちこちオードリー』に、オードリー(若林正恭・春日俊彰)とNON STYLE(石田明・井上裕介)が出演した。

【関連】アンタ山崎、“再始動しなくてもよかった”相方への本音?明かす

番組では、NON STYLEが、東京進出後、アンタッチャブル(山崎弘也・柴田英嗣)とブラックマヨネーズ(小杉竜一・吉田敬)との共演で心が折れたと話す場面があった。

井上が「東京1年目ぐらいの感覚の時の、ザキヤマさんのあの速度、全部のボケが大爆笑、いやもうどうしたらええねんって…」と山崎と絡む難しさを語ると、若林は「分かる。めちゃくちゃ分かる」と大きく頷いた。

その上で、「俺も、初めてのテレビの地上波のレギュラーが『スクール革命!』で、ザキヤマさんと一緒なのよ」と切り出し、「テレビを知らないじゃん。いきなりザキヤマさんとレギュラーで、あれ見て、(春日は)胸張ったまま動かないじゃん、やっぱり1年目だから」「自分も何も出来ないから、いやこれどうしていくんだって思ったら、あの人以上の人に会わなかったね。あれが芸能界のトップだから」と話して笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ