深田恭子、細腕に「筋」が浮いた“激ヤセ”写真に心配の声が止まらない!

アサ芸プラス


 適応障害のため約4カ月休養し、9月に復帰した女優の深田恭子。病気の影響か復帰直後は激ヤセがささやかれていた。どうやらそれは本当のように思われる。

深田は10月16日、映画「劇場版 ルパンの娘」の初日舞台あいさつに出演。その時に撮った写真をインスタグラムで公開したが、映画ポスターの前でポーズを取る深田は、確かにかなり痩せて見えるのだ。

「アゴまわりがかなりほっそりし、首も細くなっているように感じます。手首は今にも折れそうなぐらい細く、筋が浮いています。てのひらをカメラに向けているのですが、シワがくっきり。痛々しさも感じてしまいます」(芸能ライター)

体もほっそりし、痩せているのは明らか。コメント欄には“体調どうですか。気をつけてください”“無理しないでください”といった内容の、深田の体調を心配するコメントが並んでいる。

「共演している観月ありさのインスタにも初日舞台挨拶の時に深田と撮った並び写真が公開されています。観月はスレンダーな美女でほっそりして見えますが、深田はそれよりもさらに細く見える。心配ですね」(前出・芸能ライター)

以前は、推定Fカップのバストと肉感的なボディが魅力の深田。もし体調が万全でないとしたら、焦らずに「元気」を取り戻してほしいものだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ