Stray Kids、J.Y. Parkから「完璧であろうと…」言葉もらう

Stray Kidsが、心に刻むJ. Y. Parkから贈られた言葉を、15日放送の日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』で語りました。Stray Kidsは、2018年ビルボードが選ぶ、今最も注目すべきK-POPアーティストで1位を獲得。日本はもちろん、全世界で人気沸騰のK-POPアーティストにおいて、先頭を走るグループの一つです。

そんなStray Kidsが『MUSIC BLOOD』のMC、田中圭と千葉雄大が「感動した」とつぶやいた、J. Y. Parkの言葉とは?

Stray KidsがJ. Y. Parkから贈られた言葉「完璧であろうと努力する人になれ」

Stray KidsがJ. Y. Parkから贈られた言葉。それは、Strai Kidsのデビュー前に、食事の席でJ. Y. Parkがメンバーに贈った言葉です。まず「正直・誠実・謙虚、この3つを守る人は、いない。」と驚きの言葉で始まります。一瞬、苦笑するメンバーたち。ですが「そんな人はいない、ただ…」に続けて伝えられたのが「完璧であろうと努力する人になれ」でした。その意味をJ. Y. Parkが説明します。「君たちに正直で誠実で謙遜する人になって欲しいわけじゃない。そうなるために努力する人になって欲しい」という意味で、今後メンバーが、初心を忘れた時に、この事を思い出して欲しいとの願いを込めた言葉でした。

その話を聞いた田中圭が「泣きそう」、「感動した」とコメント。そして、Stray Kidsメンバーに、言葉を贈られた時の気持ちを訪ねます。Changbingは「この言葉を思い出すと『完璧な人はいないんだ』と寛大になれます」、「また僕自身も素敵な人になるために努力しようと思わせてくれる」と答えました。

Stray KidsがJ. Y. Parkを語る

Stray KidsがJ. Y. Parkを語る場面もありました。それは、J.Y. Parkが発表した『Still Alive』という曲を用いて説明します。『Still Alive』は、プロデューサーとしてだけでなく、現役のトップアーティストとして、J. Y.   Parkから若きK-POPアーティストへの挑戦状とも言える曲です。まるで「俺は、おまえたちの先を行っている。越えられるものなら越えてみろ」と言わんばかりの歌詞になっています。

Stray KidsメンバーのChangbingは「『俺は最高だ』という根拠のある自信がカッコいい。ユニークで大好きな曲です」と語ります。その言葉には田中圭も「確かにカッコいい」と賛同します。ある時は優しく、またある時は厳しくメンバーを導くJ. Y. Parkを、メンバーは『父親のような存在』と言うのでした。J. Y. Parkが手掛けるグループが、多くのファンから愛される理由の一端が垣間見えた気がします。他にもStray Kidsが、尊敬するアイドルグループ「2PM」について語る場面もあり、K-POPファンが喜ぶ言葉がネットでも見られる回となりました。

※トップ画像は『MUSIC BLOOD』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ