【愛してぇ】映画『50回目のファースト・キス』で一途な愛を知る

Oh!My!ムービー

『50回目のファースト・キス』は、2004年に公開されたアメリカ・ハワイを舞台にしたロマンティック・コメディー映画です。全米初登場1位を記録し、日本でも2018年に山田孝之・長澤まさみが主演したリメイク作品が公開されました。

決して諦めない強い気持ち

ヘンリー(アダム・サンドラー)はハワイの水族館で働く女好きのプレイボーイ。ある日、カフェでルーシー(ドリュー・バリモア)に出会い一目惚れをします。意気投合した2人でしたが、翌日ルーシーに会うとヘンリーのことを全く覚えていませんでした。ルーシーは、交通事故の記憶障害で前日の出来事を全て忘れてしまうのです。それでも、めげずに何度もアタックを続けるヘンリーは、たまにズルもしますが応援したくなる憎めないキャラクターです。

家族と周りの協力でルーシーは自分が記憶障害だとは気付いていませんでした。しかし、ある事がきっかけで自分が記憶障害だと気付いたルーシー。ここからヘンリーはとても愛のある行動を起こし、記憶障害のあるルーシーに真っ直ぐに向き合い記憶を記録に残す努力をします。プレイボーイだったヘンリーがこんなに人が変わるとは思いませんでした。本気の恋をすると人は変われるんですね!

毎回がファースト・キス

ヘンリーは、毎日ルーシーと「初めまして」から始まり恋に落ちさせます。実際は23何目のキスであろうがルーシーにとっては毎回がファースト・キスなのです。ヘンリーは水族館で働いているので、可愛い海の生き物が沢山出てきて癒されます。

特にセイウチのジョッコは投げキッスをしたり、コミュニケーションが上手でびっくりしました。水族館でヘンリーがルーシーに向けて即興で弾き語りをするシーンがとてもロマンティックで好きです。美しいハワイの海と音楽も素敵です。ラスト10分間は、ヘンリーの愛が溢れていてこんな風に一途に愛されたいとつい願ってしまいます。

好きな人と一緒に観たい映画です。

【公開】

2004年

【キャスト・スタッフ】

監督:ピーター・シーガル

脚本:ジョージ・ウィング

出演:アダム・サンドラー

   ドリュー・バリモア

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ