【ENHYPEN】デビュー後に感じた“ジレンマ”とは?「メディアショーケース」をレポート

ウレぴあ総研

今年7月に日本でデビューシングル『BORDER:儚い』を発表しデビューしたENHYPENが、10月12日、韓国で1st Studio Album『DIMENSION:DILEMMA』メディアショーケースを行い、グループ初となる爽やかコンセプトの新曲「Tamed-Dashed」を初パフォーマンス。

「第4世代のホットアイコンから、最も注目されるK-POPグループ」になりたいという抱負を語った。

■日本デビュー作はオリコンウィークリーランキング1位

ENHYPENは、BTSやTOMORROW X TOGETHERが所属するHYBEと韓国大手メディアCJ ENMが企画した超大型プロジェクト『I-LAND』から誕生した7人組ボーイグループ。

2020年11月30日にミニアルバム『BORDER:DAY ONE』で韓国デビューしたが、年末のデビューにも関わらず、その年の新人賞4冠を獲得した。

デビューから“BORDERシリーズ”と名づけられた2枚のミニアルバムをリリースしてきた彼ら。2ndミニアルバム『BORDER:CARNIVAL』では、ハーフミリオンを達成し、米ビルボードメインアルバムチャート「ビルボード200」で18位にチャートインした。

2021年7月6日には、『BORDER:儚い』で日本デビューし、オリコンウィークリーランキング1位を獲得という、今最も注目すべきK-POP第4世代グループだ。

■“DIMENSIONシリーズ”の最初のアルバム『DIMENSION:DILEMMA』

デビューから続いた“BORDERシリーズ”に続き、このアルバムから新シリーズに突入する。

JAKEは新シリーズについて、「“BORDERシリーズ”では、デビュー前に感じていた複雑な感情と、デビュー後に直面した目新しい世界への率直な感情を表現していました。新たな“DIMENSIONシリーズ”では、デビュー後約1年で僕たちが経験し、感じたことをこのアルバムでより詳しくお伝えできると思います」。

一方JUNGWONは、「“DIMENSIONシリーズ”の最初のアルバムとなる『DIMENSION:DILEMMA』は、いくつもの価値が衝突する世界に足を踏み入れた少年たちが、自分の欲望を知りアイデンティティが混乱し、選択する難しさにジレンマを感じるが、立ち止まらずに前に進んでいくという物語です」と、今作のコンセプトを説明。

さらに、「僕たちもデビュー後、歌手として成長したいという思いと、個人の時間が欲しいという思い、そして、もっと多くの方に愛されたいと思いながらも時には人々の視線から自由になりたいという思いがありました」と、実際に彼らもジレンマを抱えていたことも明かした。

■リード曲「Tamed-Dashed」は初めて挑戦する爽やかな楽曲

リード曲となる「Tamed-Dashed」は、「欲望に飼いならされるのか(Tamed)、欲望に叩きつけられるのか(Dashed)」の質問を投げる曲で、欲望の間へのジレンマと矛盾、衝突に対する内容である。

80’sニューウェーブジャンルのサウンドで、ENHYPENが初めて挑戦する爽やかな楽曲となっている。

この曲のパフォーマンスについてJAYが「まさに、“Non Stop 爽やか”(笑)。ジレンマに陥ったけれども、立ち止まらずに前に向かっていく少年たちの物語であるこの曲では、ラグビーやアメフトのスクラムを組む姿から始まります」と言うと、

NI-KIが「ポイント振付が2つあります。1つは、アメフトのキックオフ前の選手たちを連想させる“キックオフダンス”。そしてもう1つは、サビの“サマー”という歌詞であおぐような動作をする“あおぎダンス”です。覚えやすいので、マネして踊っていただけると思います」と説明し、実演して見せてくれた。

収録曲の「Blockbuster feat. YEONJUN of TOMORROW X TOGETHER」には、事務所の先輩であるTOMORROW X TOGETHERのYEONJUNがフィーチャリングで参加。

「僕とJAYさんがご挨拶に行ったのですが、情熱的に録音されていて本当に感動しました」とSUNGHOONがレコーディングの様子を語ってくれたが、

HEESEUNGが「強烈なエネルギーが感じられる曲なので、ラップが入ったらいいと思いました。デビュー後初めて、他のアーティストの方との作業ができたので、とてもワクワクしました。YEONJUN先輩ありがとうございます!」と感謝を伝えた。

また、「Interlude:Question」には、JAYの名前がナレーションアレンジメントとして記されていることが発表されると、メンバーたちから「ヒューヒュー」という称賛の声が上がり、

JAYは「トラックと歌詞だけをもらった状態で、各自のナレーションの配置とテイストを決めて録音したものをプロデューサーに聴いてもらい、僕のアイデアが採択されました。とても嬉しかったです。ナレーションには、JAKEさん、HEESEUNGさん、僕が参加しました」と、裏話も披露した。

■ファンの皆さんと良い思い出を作っていきたい(JUNGWON)

今、K-POPは“第4世代の時代”と言われている。第4世代とは、2000年代生まれのメンバーを中心としたグループなのだが、ENHYPENは、“第4世代のホットアイコン”と称されている。

このキャッチコピーについて「多くのファンの方々が愛してくださるおかげです。恥ずかしさもありますが、僕たちがもっと頑張る原動力にもなっています」(SUNGHOON)、

「このアルバムで、第4世代のホットアイコンという確信を与えられたいし、これからもっと成長して“第4世代のホットアイコン”を超えて、K-POPグループの中で最も注目されるグループになりたい」(JUNGWON)と語った。

また、その人気の要因についてSUNOOは、「僕たちの魅力は、音楽。僕たちは毎作、タイトル曲を通して、練習生から歌手としてデビューする瞬間、そしてデビューした後に感じた感情などを率直に伝えていきました。僕たちのまっすぐな気持ちや考え、感情などが聞いてくださる方々に、うまく届いていたように思います。

また収録曲では、現実の中で経験する欲望や恋を盛り込んだことが、多くの方たちに共感を生んだのではないでしょうか」と分析する。

そして、間もなく始まる『I-LAND 2』について聞かれるとJAYが、「『I-LAND』のことは、昨日の事のように覚えています。数多くの参加者と一緒に、歌手になるという夢を持って臨みました。その結果、今、僕たちはここにいます。

多くの方にステージをお見せする歌手になるという目標、そして初心を忘れないことが大切だと感じています。全ての参加者の皆さん、良い結果を得られますことを願っています。応援しています」と言うと、全員で「ファイティン!」とエールを送った。

デビューから間もなく1年。「ステージに対する態度や音楽に対する考えが、最も成長した点ではないでしょうか。最初はただデビューしたいという思いでいっぱいでしたが、ステージに立ち、たくさんの方から愛と応援をいただき、ステージに立つ度に、より良い姿をお見せするために努力するようになりました。

そして僕たちENHYPENの曲を聴いて、共感や慰め、喜びを感じたと言ってくださる方々のために僕たちのまっすぐな思いをたくさん伝えようと努力してきました」と言うHEESEUNG。

最後はリーダーのJUNGWONの「1st Studio Albumでカムバックするだけに、いつにも増して一生懸命準備しました。今までの活動より、より良い姿とステージをお見せして、ファンの皆さんと良い思い出を作っていきたいです。ご声援と応援のほど、よろしくお願いします!」という挨拶で、約1時間のメディアショーケースは終了した。

■リリース情報

■ENHYPEN 1st Studio Album『DIMENSION : DILEMMA』

●SCYLLA:2,310円(税込)

●ODYSSEUS:2,310円(税込)

●CHARYBDIS:2,310円(税込)

●ESSENTIAL ver.:1,650円(税込)

【CD収録内容】

1. Intro : Whiteout

2. Tamed-Dashed

3. Upper Side Dreamin’

4. Just A Little Bit

5. Go Big or Go Home

6. Blockbuster feat. YEONJUN of TOMORROW X TOGETHER

7. Attention, please!

8. Interlude : Question

【商品内容】

■「SCYLLA」「ODYSSEUS」「CHARYBDIS」

・CD

・各形態別フォトブック:W150×H210(mm)

SCYLLA:112P / ODYSSEUS:120P / CHARYBDIS:112P)

・各形態別リリックブック:W100×H148(mm) / 20P

・各形態別フォトカード:W54×H86(mm)

※8種のうちランダム1種

・各形態別ホログラムフォトカード:W54×H86(mm)

※7種のうちランダム1種

・各形態別ミニポスター:W450×H210(mm)

※7種のうちランダム1種、折りたたんだ状態で商品に同梱されます。

・各形態別ステッカー:W150×H210(mm)

<初回限定特典>

・各形態別ポスター:W570×H390(mm)

・OS player card:W496×H120(mm)

※全形態共通、折りたたんだ状態で商品に同梱されます。

・ポラロイド

※初回限定の中から計330枚数量限定でランダムに1枚封入

■「ESSENTIAL ver.」

・1CD

・スリーブケース:W140×H125×T15(mm)

・フォトブック:W140×H125(mm) / 52P

・ミニポスター:W420×H125(mm)

※折りたたんだ状態で商品に同梱されます。

・フォトカード(TYPE A):W54×H86(mm)

※21種のうちランダム1種

・フォトカード(TYPE B):W54×H86(mm)

※3種のうちランダム1種

・トップローダー:W76×H101(mm)

・ステッカー:W100×H100(mm)

※サイズや商品内容は制作元の事情により事前告知無しに変更になる場合がございます。

※ENHYPENアーティスト情報は、ENHYPEN日本オフィシャルサイト等のオフィシャルアカウントをご確認ください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ