(え?今マウントとられてる?)女たちの静かな戦い #3「いろいろ重なって…」

ウレぴあ総研

「私には〇〇があるから」「あなたは〇〇がなくていいね」など、女性たちの間で繰り広げられている、マウント。

マウントとは、相手より自分のほうが上だとアピールして、優位性を示す行為のことです。

今回は、女性の社会進出やコロナ禍など、今の時代だからこその新たなマウントの体験談を紹介します。

「コロナ禍になっても顧客情報などを社外に持ち出せないなどがあり、相変わらず出勤を続けていました。同期の友人は社内の中でも過剰なまでに手洗い、消毒をしていましたね。

そんな中で彼女は『私は家族がいるから家庭内感染が怖くって敏感になってしまう。一人暮らしが今は羨ましい』と独身で一人暮らしの私に言ってきました。

さらには小さな会社でコロナワクチンの職域接種がない状態で、私が住む都内の区ではなかなか予約もできない状況の中、彼女から『旦那の職域接種の枠でワクチン予約が取れた』と。

色んなマウントが重なっていたことで、『良かったね』と言った咄嗟の笑顔が引きつっていたかもしれません(苦笑)」(34歳/営業)

家族がいる人は独身の人のことを自由で羨ましいとは言いますが、離婚を真剣に考えているなどない限り、独身に完全に戻りたいとは思ってはいないはず。

旦那さんの職域接種という恩恵も独身者からすると十分なマウントになってしまうようなので、既婚者の方はお気をつけください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ