読めたあなたは漢字博士!【鬮】この<超難読漢字>あなたは読めますか?

恋愛jp


見るだけで難しそうなオーラを放つ「鬮」。
漢字は“超”がつくほど難しいですが、じつはよく目にしたり聞いたりしています。

このヒントでわかったあなたは天才でしょう。

(1)「鬮」の読み方


この漢字自体、大きくしないと見えないほど漢字で入り組んでいます……。
神社で引くもののことを指す漢字ですが、なんとなくわかりましたか?

この“超”難しい漢字の正体は、「くじ」です。
初詣に一年の運勢を知る、運命のくじの「鬮」になります。

これほど難しい漢字だったとは、思いもよらなかったことでしょう。
「くじ」には「鬮」以外に、「籤」という漢字もあります。

こちらは、もしかしたら目にしたことがあるのではないでしょうか。
神社のおみくじを引く箱などに記載していることがありますよ。

ちなみに、くじには「孔子」という当て字もあります。
(『広辞苑』より)

(2)「鬮」とは何をするもの?


鬮がどのようなものかはおわかりですが、おさらい程度に見てください。
「鬮」とは、古く神意を占う方法の一つ。

のちに、容易に決しがたい事柄の決定に用いられるようになったとされています。
鬮の歴史がいかに古いことか、よくわかりますね。

簡単に決めることができればいいですが、決まらないことも多いでしょう。
そのときに、鬮は公平に決める手段としてよき方法ですよね。

鬮の方法としては、紙片・竹片・こよりなどに文句または符号を記しておき、その一つを抜き取らせ、吉凶・等級などを決定するとのこと。

鬮を引くのはドキドキですよね。
いいのが出ればいいですが、悪いほうに出てしまえば落胆してしまいます。

それが鬮の醍醐味でもあるでしょう。
(『広辞苑』より)

(3)「鬮」の成り立ち


あまりにも難しすぎる「鬮」ですが、成り立ちが気になりますよね。
まず、「鬮」を分解していきましょう。

「鬥」に「龜」という字から成り立っています。
「鬥」は「戦う」「争う」といった意味を持ち、「龜」は「占い用の亀」という意味に。

このような意味から「鬮」が成り立ったのです。
昔は占い際、亀の甲羅を用いていたため、占いの意味をもつ鬮にも「龜」が使われています。

ちなみに、鬮の「龜」は「亀」の旧字体です。
(『広辞苑』より)

超難読漢字の「鬮」。
漢字が難しすぎるだけで、読み方は非常にシンプルにです。

これが読めれば自慢できるレベルなので、ぜひ周りの人に教えてあげてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ