梅宮アンナ、父・辰夫さんの“看板黒塗り”騒動に言及 「離れる時が来た」と本音も

しらべぇ

(写真提供:JP News)
タレント・梅宮アンナが20日、2019年に死去した父・梅宮辰夫さんの写真が無断で広告看板に使用され続けていた騒動について言及し「複雑な想い」とインスタグラム上で本音を明かした。

【画像】黒く顔だけ潰された問題の看板

■「縁起でもなくて、怖かった」


18日、都内某ビル屋上に掲出されている看板写真を投稿していたアンナ。

看板には、父・辰夫さんの写真が使用されているが、2020年に肖像利用の契約が終了していたことから、顔だけが黒く塗りつぶされているという状態になっており、「縁起でもなくて、怖かった。なんて酷いことをするのだろう。何故顔だけ?」と憤りをあらわにしていた。

また、契約が切れた今なお、無許可でチラシやWEBなどにも辰夫さんの写真が掲載されていることも知り、再度契約をし直すか、写真を取り下げるように連絡を入れたという。

関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■複雑な心境あらわに


20日の投稿では、「梅宮辰夫に関する、広告看板、並びに、無断使用している、チラシ、インターネットでの広告等肖像権に関する事は、非常に深刻な問題であります」と改めて問題意識を明らかにしており、弁護士を介して広告出稿元と話し合いを行っていくことになるだろうと説明。

同時に、父の肖像が消えていくことに悲しさを覚えたことも明かし、「互いに離れる時が来たのです。正式に」「ずっと複雑な想いでいたのも、事実です」とつづった。

■父の残した料理帳を書籍化


また親子の仲睦まじいショットを添えた上で、父の没後、現在に至るまでの思いも吐露。

「父、梅宮辰夫が残した事柄や、物事を壊さずにして行く事を求められ、決して楽ではありませんが、最善をつくして、今があります」と大御所俳優の娘としての苦労を明かした上で、現在、辰夫さんが残した料理帳の書籍化に向け、多忙な毎日を送っていることを記した。



■ネットではエールの声


ネットでは騒動に巻き込まれたアンナを思いやり、「応援しています!」「アンナちゃんなら乗り越えで行ける神様からの試練なのかもしれないね」「ご家族の皆様が少しでも明るい方向へ向かうことを願うばかり」とエールの声が続々。

一方で、辰夫さんが残した料理帳の出版を知り、「絶対喜んでくれてると思います!」「お料理の本楽しみにしていますね!」「買わせていただきます」と称賛の声を上げるファンも散見されている。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ