GMT機能搭載の新モデル、グランドセイコーのスポーツコレクションに登場

IGNITE


毎日身につけるなら、機能性が充実していることはもちろん、落ち着いたデザインの時計だと使いやすい。

セイコーウオッチは「グランドセイコー」スポーツコレクションより、GMT機能を搭載したメカニカル2モデルを11月6日(土)に発売する。



■タフな道具感、アクティブな表情を演出

手付かずの自然が広がる荒野をイメージしたカーキダイヤルモデルは、オレンジ色のGMT針を組み合わせ、タフな道具感を演出。

そして、大海原の色彩を深い藍色で表現したブルーダイヤルのモデルには、赤く彩られたGMT針を組み合わせ、アクティブな表情を演出している。

また、ステンレススチールの金属光沢を上品に浮かび上がらせるケースとバンドのヘアライン仕上げにより、スポーツウオッチのダイナミズムとタウンユースに相応しい落ち着きを両立しているのもポイント。

GMT機能を搭載し、20気圧の日常生活用強化防水と耐久性に優れたねじロック式りゅうず、微調整可能な三つ折れバックルと、本格スポーツウオッチに相応しいスペックを備えつつ、ケース径40.5㎜の腕なじみの良いサイズだ。

希望小売価格:638,000円

希望小売価格:638,000円

■正確な分針・秒針の表示を損なわず時刻合わせが可能

同作に搭載している9S66は、9Sメカニカルを代表する自動巻ムーブメント9S65の基本性能はそのままに、GMT機能を付加したムーブメント。GMTとは世界標準時(Greenwich Mean Time)の略称で、時針、分針、秒針の3本に加え、4本目の24時針(GMT針)によって、もう一つの時刻を表示できる機能だ。

時針を現地時間、GMT針を日本時間に調整する際は、りゅうずを1段引き出した状態で、秒針を止めることなく時針だけを操作できるため、正確な分針・秒針の表示を損なうことなく時刻合わせができる。



荒野と海洋、どちらのモデルにするか迷ってしまいそうだ。

製品詳細:https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgm245

※価格は税込

(Goto)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ