岸優太、佐藤勝利、風間俊介が『vs魂』で変わった餃子作り

岸優太(King&Prince)、佐藤勝利(SexyZone)、風間俊介が、14日放送のフジテレビ系バラエティー番組『vs魂』(19:00)で、餃子づくり対決を行いました。対戦相手は、大久保佳代子とみちょぱの女性チーム。大久保は「岸に以前テレビ番組で料理を作ってもらったが、岸には繊細さがない」と指摘。そのため「味の濃くてボリューミー過ぎて」胃もたれしたと告白し、勝利宣言します。そこへ「フレンチが得意だ」と佐藤も参戦(笑)餃子が好きな深田恭子がスタジオで見守る中、岸優太、佐藤勝利、風間俊介たち『vs魂』チーム先行で始まりました。

岸優太、佐藤勝利、風間俊介の『vs魂』チーム、餃子の餡にしめサバ?

岸優太、佐藤勝利、風間俊介の『vs魂』チームは、餃子の餡にしめサバを選択します!というのも、明太子、バジル、せんべいなど、普通は餃子に入れない27つの素材から3つを選ぶというルールに対して、無難な食材を選ぶ『vs魂』チームに大久保から「冒険していない」とツッコミが。そこで、風間は、岸も佐藤の後押しもあり、しめサバをチョイス。結局、レモン、バジル、しめサバの3品で挑戦する風間。続いて料理センスにある佐藤がエビを選びます。その途端、大久保・みちょばチームから「アンパイいったな」、「ダッセーな」とツッコミの集中砲火を浴びて、佐藤もタジタジ。結局、エビ、海苔の佃煮、しそをチョイスしました。そして、最後は、風間俊介と佐藤勝利が恐れる『vs魂』チームの問題児、岸優太が登場しました。

即興料理の天才(自称)、岸優太の作る餃子の実力は?

岸優太は、自分で即興料理の天才だと豪語して、商材選びを開始します。最初に手に取ったのは、パイナップル。何やら頭の中で計算をするしぐさをして思案したのち、チーズをチョイスする岸。それを見た風間は、不安を覚えながらも「ピザもあるからね」とフォロー。しかし、そんな『vs魂』チームの心配をよそに、岸が最後にチョイスしたのは、なんとホルモン?!結局、岸は、パイナップル、チーズ、ホルモンという斬新な組合せに挑戦する事になりました。
続いて、焼きに入りますが、期用に餃子の皮を包む風間と佐藤に対し、皮を手のひらで、おにぎりのように丸め、最後は、シューマイのような形になってしまいます。しかも、他の4人がうまく蒸しているのに対して、油を敷きすぎた岸の餃子は、揚げ餃子状態に(笑)
完成して試食をした結果、そこそこ美味しくできた風間、かなり評価の高い佐藤に対して、岸や他のメンバーが試食した岸の餃子は「ちょっと臭い餃子」、「食感最悪」と酷評されます。最終的には、みちょぱの作った、セロリ、厚揚げ、なめ茸が「美味しい上に斬新だ」と審査員から絶賛された、大久保・みちょぱチームの勝利となったのでした。

その後、みちょぱの作った餃子を、スタジオで食べた深田も「絶対やってみよう」と絶賛していました。なお、放送後の視聴者のネットの反応は「岸の餃子の包み方がかわいい!」、「餃子界隈もざわついているはず」など、とても好意的でした。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ