15kg以上減量できた人も。きちんと食べて“体重減”が叶う【話題のダイエット法】

beauty news tokyo


ダイエットをスタートするとき“食事の内容や量を調整すること”から取り組むのが一般的ですが、それが後々ストレスになるのは経験者ならご存知の通り。そこでチェックしておきたいのが、しっかり食べて“体重減”をめざす「メディカル・ミディアム・ダイエット」。15kgの減量に成功した事例も報告されています。

食べることでデトックスを促進してヘルシーな体へ


「メディカル・ミディアム・ダイエット」は200万人以上のフォロワーを持つ作家アンソニー・ウィリアム氏が提唱している28日間のクレンズダイエット。正式には「メディカル・ミディアム・28日間クレンズ」と呼ばれ、主にフルーツと生の野菜を食べ、タンパク質や炭水化物、脂質、加工食品を食べないというものになります。この食事クレンズによって体内の毒素をデトックスすると同時に免疫力を鍛え、エネルギーをアップさせることで健康な体に整えていくのです。

朝起きて最初に摂取するのは、セロリジュース、キュウリジュース、レモンウォーターといったクレンジングドリンク。定番のセロリジュースは、洗ったセロリをミキサーにかけて、フレッシュな状態をそのまま飲みます。その後、朝食としてフルーツたっぷりのスムージーを飲みます。なお、昼食までにお腹が空いたら再びフルーツスムージーを間食として摂ってOKです。

ランチは生のフルーツや野菜のサラダとなり、間食は生のフルーツか野菜、もしくは生ハニー(大さじ1)、そしてディナーはほうれん草のスープになります。



なお、ほうれん草のスープの材料は「ほうれん草(4カップ)、ミニトマト(1パック)、セロリ(1束)、ガーリック(1房)、オレンジ(1個)、バジル(2枚)」となり、これらの食材をブレンダーに一気にかけるだけと簡単。また、ディナー後にお腹が減ったら、生のフルーツを食べてもOKとされています。

ダイエット中でも“お腹を満たしておくこと”がポイント


ウィリアム氏によれば、「たくさんの野菜とフルーツを摂ることでクレンズ中でもお腹を満たしておくことがポイント」とのこと。一般的なクレンズダイエットはクレンズジュースを1日に数回飲むだけで空腹に悩まされがちです。でも、この「メディカル・ミディアム・ダイエット」は空腹になること自体が不健康だとされているので、とにかくお腹を空かさないよう“食べること”が大切になります。

ただし、身体の組織のメンテナンスや修復を行うタンパク質が不足しがちになったり、フルーツに含まれる糖質を過剰摂取してしまうなどの懸念点もあるダイエット法なので、体重が落ちるという結果につながっても確実に健康になるとはまだ証明されていないので実践にあたっては注意が必要。

もしトライするのであれば、推奨されている28日間ではなく、まずは1日または数日単位で試す方がベター。そして、朝一番のセロリジュースのみ、夜のほうれん草スープのみなど健康を崩さない程度で採り入れる、もしくは始める前にかかりつけのお医者様にきちんと相談するようにしてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ