ドローンによるフードデリバリーの悲劇 置かれたコーヒーで外に出られず(米)

人と接触することなく荷物を届けることのできるドローンデリバリーは、世界各地でその活動拠点を広げている。このほどそんなデリバリーで、コーヒーを注文した男性に悲劇が起きた。外開きのドアの目の前にコーヒーが届けられてしまい、ドアを開けられない事態に陥ったのだ。コーヒーを犠牲にして外に出るかという究極の選択を迫られた男性の顛末を、『New York Post』などが伝えている。

米ニュージャージー州在住のアレックス・ブラッドショーさん(Alex Bradshaw)はここ数か月間、リモートワークに加えプライベートで行っている自身のビジネスのために忙しい日々を送っていた。

ある日、コーヒーを切らしてしまったアレックスさんは米大手フードデリバリー会社「DoorDash」を利用して、カフェのコーヒーをドローンで自宅に届けてもらうように注文した。

時折ドローンでの配達を頼んでいるというアレックスさんは、この日もいつも通りに注文したもよう。そしてドローンが無事にアレックスさんの自宅に着いて荷物を降ろしたのだが、ここで大問題が発生した。

なんと外開きのドアの目の前に置かれてしまったので、アレックスさんはドアを開けることができなくなってしまったのだ。

アレックスさんはアイスコーヒーとベーグルを11ドル(約1250円)で購入し、そこに3.5ドル(約400円)のチップを支払ったと明かしている。そして届いたのは、プラスチック容器に入ったコーヒーと紙袋に入ったベーグルだった。

この様子をアレックスさんはTikTokで公開しており、ガラスのドアからわずか数センチしか離れていない場所にコーヒーと紙袋が置かれているのが確認できる。重い物ではないのでドアを開けることはできるのだが、開ければコーヒーの容器が倒れて中身が台無しになることは想像に難くない。

先月17日に投稿された動画には「裏口から取りに行きなよ!」という声が続出したが、他に出口があればこんな事態には陥っていないだろう。アレックスさんもコメント欄で裏口はないと明かしており、間違いなくドローンのせいで家に閉じ込められてしまったのだ。

コメント欄には「私も同じように届けられたことがあるよ」「僕は配達員としてこんな風に届けてしまったことがあるな」「ベンチに置いてと伝えてもドアの前に置くんだよね」などの声もあがっており、同様の経験をしている人は多数いるようだ。

先月に投稿した動画では、結局ドアを開けたのかどうかは明かされなかったが、コメント欄には「コーヒーは倒しても意外とこぼれないよ」「敷いてある絨毯をスライドさせて取るのはどう?」などアドバイスが届いていた。

これを受けアレックスさんは今月15日に新たな動画を投稿した。そこには再びドローンでのデリバリーを注文し、前回と同じようにドアの目の前に配達されてしまうという悲劇が繰り返されていた。

しかしアドバイスの通り思い切ってドアを開けてみると、コーヒーは倒れてしまったものの、フタが外れたり中身がこぼれたりせずコーヒーを回収することができた。

また今月18日には、絨毯をスライドさせる方法でコーヒーを回収しようと試みる動画が投稿された。ところがこちらは上手くいかなかったようで、絨毯をずらしてコーヒーを取ろうとすると倒れてしまい、隙間から手を伸ばして回収しようとしたがフタが外れて中身が全てこぼれてしまった。デリバリーのドローンには、もう少し配達場所を配慮してほしいところだ。

画像は『Alex Bradshaw 2021年9月17日付TikTok「It’s ok, I do some DoorDash driving from time to time, I can criticize」、2021年10月15日付TikTok「Reply to @clownantics」、2021年10月18日付TikTok「Reply to @katosollo」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ