【空港なつかし】映画『ターミナル』でアセアセを楽しむ

Oh!My!ムービー

『ターミナル』は、2004年に公開されたアメリカ・ニューヨークを舞台にしたロマンスコメディー映画です。監督は数々のヒット映画を生み出したスティーヴン・スピルバーグで、主演はトム・ハンクスという最強のタッグです。

空港から出られない?!

アメリカのジョン・Fケネディ国際空港で足止めされたクラコウジア人の中年男性ビクター(トム・ハンクス)。母国のクラコウジアがクーデターにより政府が消滅したため、ビクターのパスポートが無効となり入国ビザが取り消され為、アメリカに入国できなくなってしまったのです。母国に帰ることもできません。

クラコウジアってどこの国?と気になって調べたのですが、架空の国でした。映画中に話すビクターの言葉は一体何語なんでしょう?空港から脱走することも可能でしたが、真面目で誠実なビクターは空港内でひたすら入国できる日を待ち生活することにします。ビクターは、アメリカの地で英語が話せないのが1番の難点です。

空港警備員とのコミュニケーションも全く取れずに見ていてもどかしい!しかし、空港に合ったパンフレットや本を読んで英語を少しずつ習得していきます。

ビクターが周りの人の心を動かす

『ターミナル』はモデルにしている人物がいます。イラン人のマーハン・カリミ・ナーセリーがパリの空港で18年間生活をしたという実話にインスピレーションを受けて作られています。ストーリー自体は関与していないそうですが、実在しているモデルがいることに驚きじゃないですか?ビクターは孤独な空港生活の中で次第に空港職員と仲良くなり、仕事まで見つけて空港内でお金を稼いで生き延びます。ビクターは、みんなに愛される応援したくなるキャラクターです。

後半にビクターがニューヨークでやりたかったことが明らかになりますが、愛に満ちていてビクターらしいなと思いました。空港という特殊な空間なので、観ていて新鮮な気持ちになりました。日本国籍だと当たり前に「安心して帰れる場所」があり、生まれた母国の有り難みを感じました。空港や旅行が好きな人にオススメの映画です。

【公開】

2004年

【キャスト・スタッフ】

監督:スティーヴン・スピルバーグ

脚本:サーシャ・ガヴァシ

出演:トム・ハンクス

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ