おぼん・こぼん、10年ぶりの関係修復?

2021年10月6日(水曜日)に放送された『水曜日のダウンタウン』2年かけたおぼん・こぼん仲直りプロジェクトがついに完結します。

こぼんの娘の夢である『2人の父(おぼん・こぼん)とバージロードを歩きたい!』という夢は叶うのでしょうか!?10年ぶりの関係修復となるか!?

こぼん娘の結婚式での仲直り成功するのか!?

こぼんの娘は家族ぐるみで仲が良かったおぼんの事を『第2の父』だと思っており、おぼん・こぼんと自分の3人でバージンロードを歩くことが夢だと語り、おぼんにもぜひ、結婚式に参加してほしいと語りました。いよいよ、結婚式当日を迎えました。
なんと、おぼん・こぼんのはお揃いの衣装を来て、笑顔の3人でバージンロードを歩くことに成功。しかし、2人が目を合わせる事はなく、こぼんの娘は、結婚式で涙ながらに「仲直りしていただけないでしょうか?2人で仲直りの握手をしてほしい。」とお願いまでしました。

おぼんは「こぼんが意思表示しないと。今日はありがとうございました。と頭さげりゃあ考える。」というおぼんの悪い癖『お前が先に折れろ』精神が発動してしまいます。すると、こぼんは「普通に戻りましょうか?」と不器用ながらに少し遠回りな言い方だが、コンビ修復への一言を言いますが、これにおぼんが納得するはずもありません。おぼんは、「楽しい漫才やろうよって一言言えばええねん。喜んでやるよ。心底嫌いな訳ではない。分からんやろ?この55年間の怨念が!一言頼めや!」と言ってしまい、これにはこぼんも「ほんじゃあ、辞めましょか。」
ついに要らぬ火種を生んでしまい、おぼん・こぼんの解散決定してしまいます。

ナイツ・40年来マネージャーが必死の説得

おぼん・こぼんを40年間見守ってきた普段温厚なマネージャーがおぼんに語気を強めて説得します。すると、ついにおぼんの心が動きます。「お前が責任もってネタ書いて楽しい漫才をやろうって俺言うわ!」と言いました。ナイツは、「ネタは書かないと…ネタは俺書きます!ダウンタウンの松本さんとかもしかしたら書いてくれるかもしれないし!」におぼんはようやく笑顔を取り戻しました。

その後もひと悶着ありましたが、ナイツの「漫才自体はやめないでください。」と頭を下げた事で落ち着きを取り戻し、おぼんがこぼんに「どうもみなさん、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。俺も意地をはってたところがあるので…じゃあ、俺も心を入れ替えるからお前も心入れ替えよう!もう一回やり直そう!」と硬い握手を交わしました。おぼんはナイツの塙に「台本書いて!」とお願いするとすかさずこぼんは「ヤホーのネタちょうだい!」と息の合ったコンビネーションに感極まってナイツは涙が止まりませんでした。

その後も、同じ楽屋に入って漫才の練習をしたり、ネタ合わせをしたり仲良くしているようです。本番もお揃いの衣装で出演しているとのこと。おぼんが「死ぬまで漫才しよな。」の問いにこぼんは「もうすぐやな!」と答え最後を締めくくりました。

※トップ画像は『水曜日のダウンタウン』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ