キャサリン妃、10年前のドレスを着用して「アースショット賞」授賞式に出席

ウィリアム王子とキャサリン妃が現地時間17日、ロンドンのアレクサンドラ・パレスで開催した第1回「アースショット賞(Earthshot prize)」授賞式に出席した。キャサリン妃は2011年に着用したドレスを身にまとって登場、ウィリアム王子も過去に何度か着たジャケットを着用するなど、夫婦揃って環境問題への関心の高さを証明した。

ウィリアム王子が2020年にローンチした「アースショット賞」は、世界の環境問題を解決する革新的な提案をする5団体や人々に総額5000万ポンド(約78億円)の賞金を授与するプロジェクトだ。今後10年間にわたり、毎年5団体(人物)に各100万ポンド(約1億5700万円)の賞金が授与されるほか、地球を修復するための環境的ソルーションを拡大するため、専門家や技術者による世界的なネットワークが与えられる。

授賞式のグリーンカーペットに登場したキャサリン妃が着ていたのは、2011年に着用した「アレキサンダー・マックイーン」のロングドレスだ。

10年前に妃のためにカスタムメイドされたドレスは、ウィリアム王子と結婚した数か月後に米国を訪れた際、ロサンゼルスで行われた「英国アカデミー賞(BAFTA)」のレセプションパーティで着用していた。

淡いライラック色のロングドレスには繊細なプリーツが施され、ウエストにはゴールドカラーのベルトがついている。妃の髪は緩やかに巻いたスタイルで、華やかな席に合わせたグラマラスなメーキャップを施している。

記念すべき第1回目の授賞式では、珊瑚礁の再生や不要になった食料の再分配、大気汚染対策などを含むプロジェクトなどが受賞者に選ばれた。ステージに現れたキャサリン妃は、自然保護と回復部門の受賞者であるコスタリカ共和国政府に賞を授与した。

同国では、熱帯雨林を保護して地域の生態系を復活させた市民に報酬を与えることにより、数十年間にわたり破壊された森林を回復させるという革新的な政策を導入している。

妃は「自然は私達にとって不可欠なものです。自然界が繁栄することで私達の地球を調整し、心身の健康を育み、家族に食料を与えてくれるのです」とスピーチした。

この日はウィリアム王子も過去に何度も着たことがあるグリーンのベルベットジャケットを羽織って登場し、環境への配慮を示した。

王子はスピーチで「僕達は長い間、みなさんの未来の地球を守るための行動を十分に行ってきませんでした。『アースショット』はあなた方のためのものです。我々は今後10年で行動を起こします」と述べた後、来年の授賞式は米国で開催する予定であることも伝えた。

会場では歌手エド・シーランがパフォーマンスを披露したほか、歌手シャキーラ女優ケイト・ブランシェット、動物学者デヴィッド・アッテンボロー卿らが審査員を務めた。女優エマ・ワトソンはチャリティショップで見つけた10着の古いウエディングドレスを縫い合わせたドレスで登場し、受賞者に賞を授与した。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年10月17日付Instagram「The Duke and Duchess arrive for the first ever @EarthshotPrize Awards」「Nature is vital to us all.」「I want to say something to all the young people watching tonight:」』『The Earthshot Prize 2021年10月17日付Instagram「Actor and Activist #EmmaWatson」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ