腰周りの贅肉落としに1日1セット。呼吸と連動した動きで【くびれを取り戻す】簡単習慣

beauty news tokyo


スクスクと育ってしまった腰周りの贅肉を落として、理想的なくびれを取り戻したい方は少なくないと思います。そんな方こそ習慣に採り入れたいのが、呼吸と連動した動きで贅肉の引き締めに高い効果を発揮するピラティスの簡単エクササイズ【クリスクロスのバリエーション】です。くびれ作りに欠かせない「腹斜筋」と同時に体幹を強化し、贅肉の付きにくい体へ導きます。

クリスクロスのバリエーション


(1)床に仰向けに寝て両脚を床から上げ上半身を軽く起こす



▲両腕は脇を開いて頭の後ろに置きます

(2)一旦息を吸い、息を吐きながら左脚を伸ばし、左腕を右脚の外側に伸ばして上半身をひねるように起こす



(3)(1)の姿勢に戻して息を吸い、息を吐きながら右脚を伸ばし、右腕を左脚の外側に伸ばして上半身をひねるように起こす



この(2)と(3)の動作を交互に3回繰り返します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「伸ばさない腕側の脇を開いたままにしておくこと」ことがポイント。また、脚を上げた状態で実践するのがが厳しい方は、まずは床に両脚を着いたまま行う形(下写真)で実践してみましょう。



ピラティスのエクササイズは「正しいフォームで実践すること」、「動きと呼吸を連動させること」の2つが重要とされています。最初は無理をせず目標回数を達成することから始めて、腰周りの贅肉をひきしめつつ理想とするくびれを取り戻していきましょうね。<ピラティス監修:SHIERI(インストラクター歴5年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ