Hey!Say!JUMP・山田涼介”ch開設成功”で発言権増大?


ジャニーズ内部でも確固たるポジションを築き上げつつあるようだ。人気グループ「Hey!Say!JUMP」(ヘイセイ)の山田涼介(28)がYouTubeチャンネル「LEOの遊び場」の開設を9月15日に発表。17日にはHIKAKIN、バーチャルユーチューバー・渋谷ハルの3人で人気ゲーム「Apex Legends」にいそしむ様子を初回動画として生配信し、好評を博している。動画の中では「僕の大好きなゲームを、僕の仲良しな友達と一緒にやるゲームチャンネルを開設いたします」と宣言していることから、同チャンネルは今後もゲームプレーが主な題材となるようだ。

 

好調な滑り出し

 開始早々からチャンネル登録者が50万人を超え、あらためて山田の人気ぶりを世に証明する格好となっている。しかも特筆すべきは同チャンネルの登録者に男性ユーザーが急増している点だ。一体どういうことなのか。ジャニーズに近い芸能関係者によれば「もともと山田は芸能界の中でも大のゲーム好きとして知られている。腕前も相当なもので同じく事務所の先輩でゲームマニアの二宮和也らとオンラインゲームで一緒にプレーしたり、時には一般の学生ゲーマーともゲリラ的にオンラインで勝負し合ったりしているほど。それほどの腕前を持つ山田がいよいよ〝ゲームチャンネル〟を本格開設したとあって男性ゲーマーたちの間でも話題を呼び、チャンネル登録者数が激増している。多くの男性ゲーマーたちにも『わざわざ〝ゲーム好き〟を公言するところがジャニーズっぽくなくていい』と好感を持たれているのも、大きな要因の1つだ」という。

 
 ゲームチャンネルを開設した山田について男性からの好感度アップはジャニーズとしても〝嬉しい誤算〟だったようだ。それというのも当初は山田がYouTubeチャンネルを開始すること自体、ジャニーズ側は難色を示していたからである。その内幕に関し、ジャニーズ事務所と独自のホットラインを持つ芸能評論家兼スポーツライター・後藤茂喜氏は「要は山田が難色を示していたジャニーズ幹部らを説き伏せた格好です」と解説し、次のように続けた。

「そもそもジャニーズ上層部は『ゲーマー』にあまりいいイメージを持っておらず、キンプリヘイセイの中でも安定した人気を誇る山田が〝ゲームチャンネル〟を開設することで『従来のファンが興ざめして引いてしまうのではないか』と根拠のない憶測を抱く傾向が強かった。だが、そんな誤った見解を山田自身が強い姿勢で〝ゲーム愛〟とともに撤回させ、今回のチャンネル開設に至ったらしい。ジャニーズの上層部も山田の熱意に折れて根負けし、最終的にゴーサインを出したのですが、結果的にこのチャンネル開設は最高の滑り出しを見せたことで事務所内部での山田評は急上昇。山田の先行きを読むマクロな分析力を絶賛する声がジャニーズ内部では広がっている」

 自身の肝いりでスタートしたゲームチャンネルの今後、そしてジャニーズ内部で一気に発言権を強めることになった山田のポジショニングの行方にも注目が集まりそうだ。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

WRITER

  • 四海方正
  •        

  • 芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ