『ドクターX』Adoの“主題歌”がうるさすぎ!?「余韻クラッシャー」

まいじつ

米倉涼子 
米倉涼子 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月14日、米倉涼子主演の大ヒットシリーズドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の放送がスタート。『うっせぇわ』シンガー・Adoの歌う主題歌に批判が相次いでいる。

どんな困難の中でも「私、失敗しないので」。『ドクターX』誕生から10年目の今年、待望の新シリーズがスタート。第7シリーズの舞台は、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」。パンデミックにより院内で発言力を増し、院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が登場する。

Adoが同作の主題歌を担当することは、10月11日にドラマの公式サイトで発表。併せてAdoのアーティスト写真などを手掛けるイメージディレクター・ORIHARAが描き下ろした「大門未知子×Ado」のコラボビジュアルも公開されていたのだが、この時点でネット上では

《人気だけで選ばないでくれ。あの感じでドクターXの主題歌は歌って欲しくない》
《ドクターXの主題歌だけはなかったよ。まさか一匹狼の女医が周りに流されずに生きる医療ドラマで、公式が流行に乗ってくるとは思わなかった…。オープニング全飛ばしで見よう》
《は? ドクターXの主題歌Ado? しかも「阿修羅ちゃん」てなに? マジで無理、寒気するわ》

といった批判的な声があがっていた。


「うっせぇわ」彷彿のうっせえ曲?


そして14日、ついにAdoの曲が地上波で流れた。曲調は「うっせぇわ」を彷彿とさせるおどろおどろしいハイテンポなもので、Adoの歌に合わせて米倉、野村、西田敏行、岸部一徳、内田有紀らレギュラー出演する俳優陣の姿がかっこよく映されていったのだった。

これにAdoのファンなどからは、

《ドクターX主題歌Adoさんだったけどめっちゃかっこいい曲だったな》
《ドクターXのEDがすごく好み!と思ったらAdoちゃんとNeruさんでしたか! そりゃあ好きだわ》
《ドクターXのエンディングAdoじゃん!!!! 曲もめちゃくちゃあってるしかっこいいいいい!!!!!》

など大興奮の声があがった。しかし一方で案の定

《ED正気かよwww》
《声はいいけど、やかましいな》
《うっせぇわみたいなくそ曲だな》
《ドクターXに合ってない曲だな。やっぱSuperflyがよかった》
《なんて? 歌詞が聞き取れん》
《あーあ余韻クラッシャー Abo》
《うるさい主題歌》

など辛辣な声も多くあがっている。

アンチが多いのは人気者の宿命か…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ