全国的に今シーズン最も寒い朝 北海道で最低気温氷点下5℃台の所も

日直予報士

午前8時までの最低気温は、北海道標茶町と弟子屈町では、今シーズン全国で初めて、氷点下5℃台まで下がりました。札幌で今シーズン初めて5℃を下回り、東京都心や熊谷、甲府、新潟、富山、金沢、福井、奈良、岡山などで、今シーズン初めて10℃を下回りました。

●全国的に「今シーズン最も寒い朝」

上空に寒気が流れ込んだことや、晴れた所では放射冷却が強まった影響で、18日月曜朝は、全国的に今シーズン最も寒い朝になりました。
午前8時までの最低気温は、北海道標茶町で氷点下5.6℃、弟子屈町では氷点下5.1℃と、どちらも今シーズン全国で初めて、氷点下5℃台まで下がりました。札幌では4.0℃と、今シーズン初めて5℃を下回りました。
また、本州でも気温がどんどん下がり、東京都心は9.2℃、熊谷は6.9℃、甲府は9.4℃、新潟は8.4℃、富山は9.4℃、金沢は8.0℃、福井は7.4℃、奈良は8.8℃、岡山で9.7℃など、いずれも今シーズン初めて10℃を下回りました。
東京都心では、秋以降、10月中旬までに10℃を下回ったのは、最近50年(1972-2021年)では5回目でした。

●北海道~東海 予想最高気温は平年より低い

18日月曜の日中も、まだ寒気の影響が残るでしょう。最高気温は、北海道~東海では平年より低い予想です。日差しがある所でも、空気がヒンヤリと感じられそうです。
昼間も、先週までよりも暖かくして、お過ごしください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ