市川海老蔵“再婚”の気配ナシ? 金銭絡みのホテルデートに賛否…

まいじつ

市川海老蔵 
市川海老蔵 (C)まいじつ 

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、地方巡業中に2人の女性と代わる代わる〝ホテルデート〟していたことを10月15日発売の『週刊ポスト』が報じ、話題になっている。

記事によると海老蔵は9月22日、20代前半で黒髪ロングヘアーのA子さんと一緒に地方公演が行われる岡山・倉敷を訪れ、現地で高級ステーキ店に時間差で入店。密会ディナーを楽しんだという。さらに翌日、海老蔵はA子さんが宿泊するホテルへ訪れると、ホテル前でA子さんに1万円札の束を手渡し、そのまま建物の中へ入っていったという。

さらに、次公演のため鳥取県米子市へ移動した海老蔵は、ボブカットが似合う30歳前後のB美さんと旅館で合流。深夜まで同じ部屋で2人きりの時間を楽しんだという。

市川海老蔵の“ホテルデート”に賛否


海老蔵のホテルデートに、ネット上では

《独身だしいいんじゃないの。東京では育児頑張ってるんだから、少しくらい目をつぶろうよ》
《麻央さんが亡くなってたいぶ日も過ぎたし、心も体も寂しいんだろう。多少の女遊びくらい大目に見てあげよう》
《なんかほっとした。海老蔵も健康的な男だな。地方公演の時くらい羽伸ばしてもいいんじゃないの》

などと、一定の理解を示す声があがっている。しかし一方で、

《デートするのはいいけど1万円札の束って何? いい加減に本気で再婚相手探したら?》
《独身だから自由とはいえ、もう女遊びしてる年でもないでしょ。天国で麻央さんが泣いてるよ》
《恋愛は自由だけど、代わる代わるはちょっと…。そもそも金渡してるってどういうこと?》

などと、厳しい声も聞こえてくる。

「海老蔵がどういう意味でA子さんに1万円札の束を渡したのかはわかりませんが、これでは恋人というよりも〝現地妻〟ととられてもしかたないですね。普段東京では2人の子どもの世話に追われているため、地方では羽を伸ばしたいのかもしれませんが、43歳になった今、ファンはそろそろ伴侶を見つけてほしいと思っていることでしょう。2人の女性を代わる代わるというのもかなりイメージが悪いですね」(芸能記者)

過去には隠し子がいたことも発覚している海老蔵。今回報じられた1万円の札束にも何か裏事情があるのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ