A型、B型、O型、AB型【血液型別】怒りの沸点が低いのは?

yummy!


A型、B型、O型、AB型【血液型別】怒りの沸点が低いのは?

あなたの身の回りに、怒りの沸点が低い人はいますか?
短気で、すぐに感情的になる人は、周囲の雰囲気を乱し、人付き合いでも損をすることが多いものです。
できれば、恋人にするのも、怒りやすい人は遠慮したいですね。
そこで今回は、怒りの沸点が低いタイプを、血液型別にまとめてみました。
ぜひ、付き合う人の人となりを把握するヒントにしてみてはいかがでしょうか。

目次

A型:我慢強いタイプ


A型は我慢強いタイプです。怒りの沸点は決して低くはありません。基本的に優しく真面目な人が多いため、理不尽に仕事を押し付けられることも多いでしょう。
そうしたなかでも、A型は忍耐強く、辛抱強く仕事をします。それでも我慢が行き過ぎてしまうと、爆発してしまうのも事実。自分ひとりで抱え過ぎてしまうと、ストレスがマックスになり、怒りとして表立つこともあります。
できるだけ心穏やかに過ごすためには、ひとりで我慢するのではなく、思うことを人に話し、溜め込まないことです。信頼できる人を傍に置き、作ることが大事です。ぜひ相談できる人を見つけましょう。
気軽に話し、事情を打ち明けられる人ができれば、A型の心の安定につながり、これ以上に強い味方はいませんよ。

B型:怒りの沸点が低いタイプ


B型は短気で、男勝りな人が多いタイプです。怒りの沸点は低いでしょう。やや自分勝手なところがあり、自分の思い通りにならないと、気持ちが晴れない人が多いです。
自分の主張を押し通し、無理強いしてしまう人も少なくありません。相手に合わせることが苦手で、少々不器用なところもあります。
しかし、悪気があるわけではなく、当人からすれば一生懸命なのも事実です。当人のタイプを変えることは難しいですが、B型と接する際は合わせることを意識できると、衝突を避けられるでしょう。
「うんうん」「そうだね」と、相手に合わせられると、関係がうまくいきます。B型もそうしてくれる相手を気に入りやすいでしょう。当人としても、自分がやや自分勝手な一面があると自覚できるだけでも、周囲との関係が大きく改善されます。

O型:大人の対応ができるタイプ


O型は聞き上手で、落ち着いている人が多いでしょう。何かトラブルが起っても、慌てず冷静に対処できる、大人なタイプが少なくありません。怒りの沸点は高いと言えます。
相手の言うことに耳を傾け、時には聞き流し、適度に受け入れるのが上手です。周囲もO型は、なんでも話を聞いてくれるいい人、と感じるでしょう。
しかしO型は、根は頑固だったり、意外と短気だったりする人も多いです。あくまでも聞き流し、聞き上手なだけであり、あまり細かいことを気に留めるタイプではないため、適度に諦め、冷静になれるタイプでしょう。
適度に自分の意見をハッキリと言いながら、周囲との関係を上手に図ってみてください。自然体なO型なので、怒りを露わにしなくても上手に、周りとの関係を図れるでしょう。

AB型:気分屋さんタイプ


AB型は気分屋で、自由人です。コロコロと意見や態度が変わったりすることも多いでしょう。感情的になったとしても一時であり、怒りは長く続きません。
意外と繊細でシャイな人も多く、自分自身に対しても俯瞰できるタイプ。人に対する執着心が薄いため、チームワークでは、なにかと孤立しがちな一面があります。周りとの関係を良好に、円滑にするためにも、積極的にコミュニケーションを取りましょう。
怒りの沸点は決して低くありませんが、周囲がAB型に対して、何を考えているのかわからない節がたびたび見えられます。周りとの関係を円滑に進めるための意識を、積極的に持つことが、お互いに怒りの感情を鎮めるポイントになるでしょう。

おわりに


怒りっぽい人もいれば、温和な人もいますね。人の性格は人それぞれ。
相手のタイプを上手に把握し、うまく付き合っていけるよう、いい手立てにしてみてください。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ