自覚なき呪縛から解放、ベストセラー『「本当の自分」がわかる心理学』発売

IGNITE


とかく人間関係は難しいもの。しかし、その原因が自分の中にあると分かったら、対人関係が大きく変わってくるかもしれない。



■世界30か国で刊行、驚異のベストセラー

大和書房は、『「本当の自分」がわかる心理学 すべての悩みを解決する鍵は自分の中にある』(シュテファニー・シュタール 著 繁田香織 訳)を10月15日に発売する。

ドイツで4年連続年間売上1位、ドイツ国内だけで150万部を突破した本書は、世界30か国で刊行された驚異のベストセラー。



刊行にあたり、山口周氏、樺沢紫苑氏より推薦のコメントが寄せられている。

自分にかかっている「人生の自由を奪う思い込み=呪い」をどう解くか? 答えはすべて本書の中にある。
――山口周氏

あなたの心のつまずきを、自分で理解する本。「過去の自分」から自由になると、人生が上手くいく。
――樺沢紫苑氏

■「内なる子ども」と向き合う方法

人間関係の悩みの原因が一気に解決する画期的心理学

子ども時代に刷り込まれた事柄や、当時負った心の傷は、人間の性格と自己肯定感に大きな影響を与える。心理学ではその影響を受けた人格部分を「内なる子ども」と呼び、無意識化で作用する。人間関係のトラブルの大半は、この「内なる子ども」が原因なのだ。

心の傷を癒し、ありのままの自分を受け入れる方法とは?

人には「結びつき欲求」「コントロール欲求」「快感獲得欲求」「承認欲求」という4つの基本的欲求があり、どれも満たされないと欲求不満になる。欲求不満は、人間の心の奥底にある、子供時代に追った心の傷を刺激し、これ以上傷つかないように防衛戦略を取るのだ。

この4つの心理的な基本的欲求から自分自身の問題を考えると、その問題の原因が明らかになり、自己認識と問題解決に大きく近づいていける。

本書では、自分自身の「内なる子ども」と向き合って、心の中にある傷を受け入れ、癒す手助けをする。自分自身を受け入れて幸せな人生を送るための、新しい考え方がわかる一冊だ。

著者略歴

シュテファニー・シュタール

約30年間の心理療法士、心理学者としての経験、および家庭裁判所鑑定人としての経験にもとづいて、数多くの書籍を執筆。著書の多くがベストセラーになっている。ドイツのみならず他国でもセミナーを開催。専門家としてのテレビ、ラジオ出演、雑誌の寄稿も多数。

繁田香織

翻訳家。青山学院大学文学部史学科(ドイツ史専攻)卒。ハイデルベルク大学留学後、ドイツやオーストリアにおいて、コーディネーターや通訳者として活動。訳書に『自然の力で治す』アンドレアス・ミヒャールゼン著(サンマーク出版)、『Life Kinetik R 脳が活性化する世界最先端の方法』ホルスト・ルッツ著(ダイヤモンド社)などがある。

対人関係において、自分が抱えてしまうトラブルの理由が自分の心の中にあると分かると、人生が大きく変わりそうだ。



「本当の自分」がわかる心理学 すべての悩みを解決する鍵は自分の中にある

著者:シュテファニー・シュタール 著 繁田香織 訳
判型・ページ数: 四六判・400ページ
定価:1980円(税込)
詳細:https://www.daiwashobo.co.jp/book/b587318.html

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ