赤楚衛二・町田啓太、番組で赤裸々に告白

赤楚衛二、町田啓太が、13日放送のフジテレビ系バラエティー番組の『突然ですが占っていいですか?』に出演しました。占い師が出演者に忖度なしで占い、出演者の反応を見るという番組。
番組では、携帯番号の下4桁の数字で占う、琉球風水志シウマに赤楚衛二のモテ期の話から、町田啓太の怖いおじいちゃんの話まで言い当てられます。

そこで、2人が「なんで分かるの?!」と赤裸々に語った、突然ですが占っていいですか?の内容をお伝えします。

赤楚衛二は「好きになったら獣のようにいく」

赤楚衛二が占い師に「21、2歳から恋心を忘れている」と言い当てられます。「本当にそうです!」という赤楚。ところが、シウマは「結婚するなら2年後がベスト」と恋愛が可能と示唆します。
なぜなら本来赤楚はシウマによると「本当に好きになった瞬間は獣のようにいく」タイプなのだとか。それに対して、赤楚も「そうなんですよ!好きが溢れちゃうんですよ」「好き、好き、好き」状態になると告白。「俺は好き」と相手にぶつけると男らしく、かつ純粋な部分を見せました。

そんな赤楚ですが、学生時代はみんなからモテて、ファンクラブもありましたよね?とシウマが指摘すると「あったんですよ」と認めます。中学3年時にファンクラブがあったほどモテたそう。でも、周りから「調子に乗っている」と思われるのを恐れてマネージャーにも話してなかったのにと、シウマの占いに驚く赤楚衛二でした。

町田啓太が自分のおじいちゃんの怖さを語る

町田啓太に対してシウマは「協調性抜群」、「聞き上手」とべた褒めします。喜んだのも束の間、シウマから「かなり変わり者」とツッコまれ、驚く町田。すぐモノにハマり、こだわりも強いのに気移りが激しいとコテンパンにやられます(笑)

そんなシウマは「お父さんとかおじいちゃんは厳しくなかった!?」と町田に指摘します。思わず「ンフフフ、なんで分かるんだ」と苦笑する町田。なんでも、おじいちゃんは町田いわく「とんでもなく気合が入っていた人だった」なるべく関わらないようにしても、必ず悪さしているところにおじいちゃんが表れて叱られたとの事。
ある日も友人と道草を食っていたところに車で通りかかったおじいちゃんにこっぴどく叱られ、しばらく友人と話せなくなったトラウマを語ります。

また、手と足のケガに注意するようにアドバイスしたシウマに、町田は、これまでの人生「なんでここで」と言う場面でケガをした悩みを語ります。小学生の時に、妹の三輪車での大事故に遭い、その時のケガが手の骨折だと話す町田に「左手ですよね?」と言い当てるシウマ。思わず町田も「怖い怖い怖い」とシウマの占いの力に驚くのでした。

今回は、シウマの占い力にタジタジの2人でしたが、MCの沢村一樹は「光しかあたってない(苦笑)」と、好感度が上がったと推測していました。

※トップ画像は『突然ですが占っていいですか?』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ