西島秀俊出演の注目ドラマ『真犯人フラグ』1話のあらすじネタバレ!

Oh!My!ドラマ

真犯人フラグは、ごくありふれたサラリーマンで、家族4人で幸せに暮らしていた相良凌人(西島秀俊)が主人公です。

ある日、家から妻(宮沢りえ)と子どもたち2人が消えています。必死で探す凌人を、当初は悲劇の人として同情していた世間の目は、あるSNSの投稿をきっかけに疑惑の人へと変わります。果たして、凌人と家族の運命は?また、真犯人は誰なのか?大ヒットしたミステリードラマ「あなたの番です」のスタッフが、再び日曜夜に視聴者の推理論争を引き起こす?

真犯人フラグ1話のあらすじ

真犯人フラグ1話は、凌人が、自身の務める運送会社のトラックの事故対応を、部下の二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借りて解決するところから始まります。その後、凌人が帰宅すると、妻の真帆(宮沢りえ)も2人の子どもたちも不在でした。そこで、学生時代の友人に飲みに誘われていた事を思い出し、友人の日野(迫田孝也)の店に向かいます。そして、もう1人の友人で「週刊追求」の編集長河村(田中哲司)と夜更けまで飲みました。

ところが、帰宅してもやはり家族の姿がありません。異変に気づいた凌人は翌朝警察に連絡するも、事件性を認めてくれません。河村から、記事にして話題になれば警察も動くかもと提案され、凌人は了承します。結果、事件は広まり、世間は凌人を悲劇の人と同情を寄せます。ところが、YouTuberのぷろびん(柄本時生)が凌人の働いている会社を特定し、トラックで死体を運んだのでは?と暴露します。

すると一転、凌人に「『真犯人フラグ』が立った」とネットで炎上したため、周囲も凌人を疑惑の人として見始めます。そんな時、「お探しのものです」と書いた宅配便が凌人の家に届きます。そこに入っていたのは!?

真犯人フラグの考察

真犯人フラグというだけあって、次から次へと気になる人物が登場します。

1人目:住宅会社の営業マン『林洋一』
念願のマイホームを購入した凌人たちを現地で紹介していた住宅会社の営業マン。
幸せそうな凌人一家に思うところがある表情をしていました。

2人目:凌人の勤める会社の上司『太田黒芳春』
もともと嫌みな性格ですが、独身の太田春は、家族と幸せそうな凌人をねたんでいる様子。

3人目:凌人の住む団地の隣人『菱田朋子』
真帆のママ友で、息子同士が同級生。
朋子を見かけた凌人が、家族の消息を確認した時にいわくありげな表情を見せます。

4人目:事件当日に駅で凌人に人間違いで声をかける『本木陽香』
まだ、凌人の回想シーンに登場しただけですが、謎の「らっきょう、どうなりました?」の言葉を残しました。

5人目:ITベンチャー『プロキシマ』の若き社長『橘一星』
凌人の事件を見てネットでバズっている様子を見て、いわくありげな顔をしている様子が映りました。

6人目:凌人の運送会社の配達員「望月鼓太朗」
ラストシーンで、宛先不在で戻ってきたと凌人に荷物を持ってきた時にいわくありげな表情をします。

真犯人フラグの視聴者の感想

真犯人フラグの視聴者の感想をネットで見てみると、「『あな番』のスタッフだけあって、見ごたえがある!」「二番煎じじゃなく面白そう」と期待する声。他には「橘が怪しい」「秋元康だから、生駒里奈が演じる本木が怪しい」など、早速考察が始まっていました。ちなみに公式HPには、『真犯人フラグ』が立っていたと思う登場人物をTwitterで投票する企画が実施されていて、1位:橘。2位:本木、3位:瑞穂となっています。

橘と本木は、ネットの評判通りですが、瑞穂は現時点で凌人のいちばんの味方だけに、早速視聴者の「推理」が始まっているようです。

これからも日曜夜に、一億総「推理作家」現象が起きるのか注目ですね。

※トップ画像は『真犯人フラグ』公式Instagramのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ