山田杏奈×作間龍斗(HiHi Jets) 影響を受けた互いの演技「愛のセリフが作間自身に突き刺さった」<映画『ひらいて』インタビュー

女優の山田杏奈さんとHiHi Jets/ジャニーズJr.のメンバー作間龍斗さんが、10月22日より全国公開される映画『ひらいて』に木村愛役&西村たとえ役で出演します。

『ひらいて』は、芥川賞受賞作家・綿矢りささんによる小説の同名映画化。高校3年生で目立つ存在の愛が密かに恋焦がれているのは、クラスでも目立たない存在のたとえ。しかし、彼には誰にも知られていない秘密の恋人・美雪がいたため、どうしようもなくなった愛は、好きな人の“好きな人”をロックオンという大胆な行動に出ます。

めるもでは、山田さん&作間さんにインタビューを実施。ふたりとも「理解できない」ところからスタートした物語において、役の上で苦労した点や撮影時のエピソードを中心に、たっぷりと語っていただきました。

――新たな青春映画というジャンルを確立したような映画でした。おふたりは脚本を読んで、どのように思われましたか?

山田杏奈:いわゆる“キラキラ”系青春映画とはほど遠く、愛がギラギラしていますよね(笑)愛を演じると知ったうえで読んだんですけど、「やばい! 全然わからない」となっちゃいました。

一方で、愛の突拍子もない行動やちょっと暴力的な部分は、私に限らず誰もが実はやってみたくて内に秘めている、どこかには持っている要素なのかな、とも思ったんです。そこはすごく面白く感じました。愛が美雪、たとえと関わるなかで、みんながそれぞれ変わって“ひらいて”いくのがすごく面白いと思ったので、全力で愛を体現できたらと思いました。

作間龍斗:僕は国語とかが苦手なタイプだからか、最初に読んだとき、全然理解できなかったんです。映画というお仕事にきちんと関わらせていただくのも初めてでしたし、不安ばかりでした。たとえについては、作間龍斗の外見だけを見た印象かも、と思いました。感情の面で言えば、自分との共通点も結構あったので、自分と重ね合わせながら、たとえのキャラクターを自分の中で構築していきました。

――作間さんが、たとえと一番重なったと思う部分はどこですか?

作間龍斗:やっぱり……愛みたいなズカズカと入り込んでくる感じが嫌だな……というところですかね(笑)

山田杏奈:それはそうだよね(笑)

作間龍斗:僕自身もそういうのが苦手だから、一番共感できるポイントでしたね。あとは、文化祭で木にペンキを塗っているシーンで、愛に「突き放すよね」みたいに言われるシーンでは、「あ、自分もそういう節があったりするな」と感じてしまいました。僕は人との関わりを自分から持とうとしない人間なので、「ああ、そういうところあるな……」と。そのセリフに関しては、たとえだけではなくて、作間自身もちょっとくらいましたね。たとえに共感できたので、愛のセリフが作間に突き刺さってしまいました。

――山田さんも共感できる部分は、あったりしたんでしょうか?

山田杏奈:共感は……やっぱりあまりなかったんですよね(苦笑)。強いて挙げるなら、愛のように気が強いところは私もありますし、もとになる感情みたいなところは、私も何も(しがらみが)なかったら「こういうふうにやってみたいかも、ここまでできたら気持ちいいよな」と思うところはあるので、そこは共感かもしれません。

私は愛のことをあまりわからなかったんですけど、監督が一番愛をわかっているんじゃないかというのは、最初からあって。そこはすごく悔しかったですし、監督がこれだけ愛情を持っている作品をどうやってやればいいのか、という思いはずっとありました。だから、その分監督とたくさん話しましたし、「わかりません」とも何回も言いました。監督は同世代で女性というのもあって、いつも同じ目線で同じ熱量で返してくれていたんです。監督のその行動にはいつも火をつけられましたし、「もっともっとできる!」と思わせてくださったので、監督と一緒に愛を作れたという感覚がすごくあります。

――先ほどおっしゃっていた通り、作間さんは映画初出演で大抜擢でしたが、オファー時のお気持ちはいかがでしたか?

作間龍斗:最初にお話をいただいたときの第一声は、「本当ですか!? 僕が映画ですか!?」でした。まずはびっくりして、実感が湧くのに時間がかかりました。ひとまず気を落ち着かせるためというのもあって、小説を読んだり、とりあえずたくさん情報を入れこもうとしてみたり。……けど、結局しばらくはずっとソワソワしていました(笑)本当にすごいことに関わらせていただけるんだ、という実感がじわじわと湧いてきた感じです。

普段、HiHi Jetsというグループで活動しているんですけど、個人で映画に出るのは初めてだったんです。いろいろな人に「おめでとう!」と言っていただけたので、すごくうれしかったです。

――山田さんは、作間さんと共演してみていかがでしたか?

山田杏奈:初めてお会いしたときも、たとえを作間くんがやられると聞いたときにも、「あ、たとえっぽい!」と思いました。お芝居をするうえで、たとえと作間くんの違いはもちろんあるとは思うんですけど、そうじゃないところで、その場にスっといるというか、どしっと構えている点は、すごく共通していると思っていました。年齢は私とふたつ違うんですけど、同級生の役ですし、気を遣うようなこともなく、たとえとしていつもすごく頼りになる存在でした。

――山田さんはドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』で、HiHi Jetsのメンバー井上瑞稀さんとも共演されていますよね。

山田杏奈:そうなんです。実は『ひらいて』で作間くんと一緒にやることのほうが先に決まっていて、『荒乙』で井上くんと一緒になって、「あ、同じグループ!……らしい」みたいな感じで(笑)続けてお世話になりました。『荒乙』の現場でも、作間くんと一緒になるみたいな話を井上くんとしていて、その数ヵ月後に『ひらいて』だったので、そこで「荒乙ダンス踊れるらしいね」みたいな話をしたりもしたよね。

作間龍斗:めちゃめちゃしましたね!

――作間さんは、山田さんとご一緒してみていかがでしたか?

作間龍斗:第一印象は、「わ、山田杏奈さんだぁー!」(笑)本当に芸能人を見る、という感じでした。山田さんの人間性については、井上から「優しい方だから、年上だからって臆することはないと思うよ」と言われていたんです。その通りで、本当に優しく頼れる方でした。

――撮影中、特に頼りになった山田さんの一面はどんなところでしたか?

作間龍斗:山田さんは雰囲気として完成しているから、その姿を見ているだけで「ついていきたいな」という気持ちになるんです。撮影の間も、スタッフさんともたくさんコミュニケーションを取られていて、「周りの人にもちゃんと気を遣える方なんだな……」と尊敬しました。そうやって人間性がきちんとしているから、現場が動いているんだな、という感情になりました。

山田杏奈:私も、芋生ちゃんも、作間くんも、自分のペースがあるタイプだと私は勝手に思っていたんです。撮ってないときは役とは全然違ってしゃべっていたりして、穏やかにやっていたよね。

作間龍斗:やさしー雰囲気に包まれていましたよね!

――山田さんは作間さんのフレッシュな感じについて、演技の上で影響を受けたりしたこともありましたか?

山田杏奈:言ってしまえば、もう「全部」影響を受けました。作間くんとお芝居するたびに、たとえののらりくらりとかわされる感じが、めちゃめちゃ作間くんならではのお芝居だな、と思ってやっていました。だから、どのシーンでもお芝居しながら、愛として「どうやっていったらもっと入り込めるだろう」、「どうやったら、たとえの懐に入れるの?」と思っていて。愛の感覚になれたのは、本当に作間くんのたとえのお芝居があったからこそだと思います。

作間龍斗:いえ……!! そういうふうに見えているのが奇跡的というか、本当にありがたいことで……。山田さんとお芝居をしているときは、基本的にずっと圧倒されていました。僕はお芝居を語れる人間ではないので、「こうやって作りこんで、こうやってやりました、こういう結果になりました」というのはないんです。本当にセリフに書いてあるものだけで何とかしていて、極力努力という感じでした。どのシーンでも「すごい、すごい、やばい、やばい」と1歩ずつ引いているというか、後ずさりしている感じだったので、そこが愛とたとえとして良いように見えていれば、と思います。

――たとえが愛に向かって、「まずしい笑顔だね」と言うシーンは特に印象的でした。あそこは作間さんが監督に自分から「こう言いたい」と提案したそうですね。

作間龍斗:はい。原作ではそういうふうに描かれていたんですけど、あまりにも愛がひどすぎるかなって……。言っていて、こっちも同情したくなるというか、見ていられないとなってしまったので、そこに関しては「こう言いたい」というよりも、唯一、監督に相談させていただいたところでした。

――脚本よりも、少し憐みの気持ちを込めて言った感じでしょうか?

作間龍斗:そうですね。救いの手をさし伸べる……じゃないですけど、突き放す中にも、やや優しさみたいな感じを入れてもいいのかな、と思って演じました。

山田杏奈:あのときの愛は、一番格好悪いと思うんです。たとえに何か言われるたびに、どんどんボロボロになっていくところなので。ひとつひとつの言葉をちゃんと聞こうと思って、大好きな人の言葉だからこそ刺さる、みたいなところも、愛にとってはあると思うんです。……でも、正直あそこのシーンは本当に必死すぎてあまり覚えてない(苦笑)。大変だったよね?

作間龍斗:(うなずく)ほんとに!

山田杏奈:一番大変でした。監督とはめちゃめちゃ話しましたし、長い時間やりましたし。

作間龍斗:本当に大変だったからこそ出てくるアイデアもあったし、そういう環境だからこそ撮れたシーンだったのかなと思います。皆さんに注目していただきたいです!(取材・文:赤山恭子)

映画『ひらいて』は2021年10月22日(金)より、全国ロードショー
キャスト:山田杏奈、作間龍斗、芋生悠、山本浩司、河井青葉 ほか
監督・脚本・編集:首藤凜
公式サイト:http://hiraite-movie.com/
(C)綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ