ラドーの「キャプテン クック ハイテクセラミック」チャリティオークションに出品

IGNITE


スイスの老舗高級腕時計ブランドの新たな取り組みを紹介する。

ラドーは、10月の「乳がん啓発月間」に合わせて企画されているチャリティオークション「ピンク ダイアル プロジェクト」に参加する。「Time and Tide」「Fratello」「Eye of Jewelry」「Revolution」「The Rake」などの雑誌とコントリビューターのエリック・クーによって生まれた本プロジェクトは、オークションを行うことで研究や治療のための基金を集め、乳がんの認知を広めることを目的としている。

主催者よりラドーを含めた高級腕時計ブランドは、10月に開催されるイベントでこの世に1本しかないタイムピースをオークションに出し、その収益を全額寄付するチャリティへ参加を依頼された。本プロジェクトの宣伝は、プリントメディアやオンライン、ソーシャルなど幅広いメディアで行われ、人気のグローバルブランドが団結力を示す最高の機会となる。

■ラドーの特性を体現した「タフな」タイムピース

長年にわたり、革新性、挑戦心や決断力をブランドの特性として大切にしてきたラドーにとって、この特別なオークションに参加できることは大変名誉なこと。医学研究の取り組みや科学発見、そして病との闘いは、共通して真の勇気が求められる。そして、ラドーの精神とも相通じるものがある。この1点限りのピンクでトリムされたキャプテン クック ハイテクセラミック モデルは、主催者のリクエストに合う最も「タフな」タイムピースだ。

■乳がん撲滅のイメージカラー・ピンクがアクセント

キャプテン クックは、ラドーのアイコニックなタイムピースの1つで大胆で表現力豊かなデザイン、そして最先端のテクノロジーを搭載している。モノブロック構造、マット仕上げのプラズマ ハイテクセラミックケース、最大 80 時間パワーリザーブ機能を備え、耐磁性 Nivachron(ニバクロン)ひげ ぜんまいを搭載した R734自動巻ムーブメント、そしてマットとポリッシュ仕上げでコントラストをなすプラズマセラミックスリンク ブレスレットと Ceramosリリース付チタン製3つ折れ式バックルが特徴。

チャリティイベント「ピンク ダイアル プロジェクト」でオークションに出展する1点限りのタイムピースは、マット仕上げのプラズマハイテクセラミックインサートを配した、ステンレススチール ベゼルの内側に乳がん撲滅のイメージカラーとして、国際的に用いられているピンクでリングを描いている。ルビーのバックプレートに配されたロジウムカラーの動く錨のシンボルによって美しく補完されている。

■ケースバックの刻印にも注目

ケースバックにも特別な装飾が施され、主催者である「REVOLUTION」のロゴと「UNIQUE PIECE(1点もの)」という文字が刻まれ、このイベントとチャリティの理念が長く記憶されるようになっている。両面反射防止ARコーティングのボックス型サファイアクリスタル、ホワイト Super-LumiNovaを施したアプライドインデックスとロジウムカラーの針、最大30気圧 (300m) 防水といった、その他の特徴は、他のキャプテン クックモデルと同一だ。

この世に 1 本しかないタイムピースの行方に注目したい。

ラドーHP https://www.rado.com/ja_jp/
ピンク ダイアル プロジェクト (revolutionwatch.com)
https://revolutionwatch.com/announcing-our-2021-charity-effort-the-pink-dial-project/

(suzuki)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ