【大橋ミチ子1300字ロングインタビュー】THE FIRST COVER STORY OF MICHIKO OHASHI

@la farfa

ラファーファ11月号ではミチ子がついに表紙に登場! 今回は、モデルとしても、アイドルとしてもたくさん成長した彼女に今のいろんな想いを聞いてきました。ミチ子の今の本音を語ったインタビュー、必見です!

Model/大橋ミチ子[height:167cm weight:105kg B120 W109 H122]

編集部(以下編)/今回、初のピン表紙です。撮影が終わった今の心境はいかがでしょうか?

大橋ミチ子(以下ミ)/表紙はずっと目標だったから、7年越しに叶って……もう久しぶりに涙を流しました。ラファモでいられていることだけでもすごくうれしいけど、表紙って雑誌の顔になることだから、7年がんばってきて、そこまで成長できたんだなって。

編/編集部のみんなも思い入れが強いです。サプライズで発表したけど、どうでしたか?

ミ/打ち合わせっていって呼び出されたけど、正直「いつもみたいに電話でよくない?」って思っていて(笑)。今までサプライズされた中で一番うれしかった。最初、編集長が深刻そうな顔してたから何かと思いましたよ(笑)! しかも今日のお弁当がお肉で豪華で、うれしさ倍増♪

編/モデルとして成長できたって思うことは?

ミ/最初は自分に合う服もわからなかったけど、いろんなジャンルに挑戦して。シンプルで大人っぽいコーデが似合うんだなってことを発見して強みになったり。まだ全然足りていない部分の方が多いと思うけど……。ラ・ファーファを見て「ミチ子が着ていた服を買いたい」って思う人が増えるような、お手本になれる存在になっていきたいです。

編/これからも期待していますね。ミチ子が思う ”かわいい” 女の子ってどんな子?

ミ/生まれ持ったままの素材がかわいい子っているじゃないですか。でもそうじゃなくても、内側からくるイキイキしたその人の美しさって誰もがあるし、元々の美しさを超えられるって思います。やっぱり私も54kgだった過去があるから、体型に対するコンプレックスがあった。でも自分のことを理解して、受け入れられるようになってからは考え方が変わっていきました。腕はここまで袖があるとキレイに見えるな、とかスタイリングもうまくなったと思う。ネガティブな気持ちをを否定するのではなくて、受け入れることが大切なんじゃないかな。そうしたら自信がついてくるし、少しでも前に進もうとする気持ちを捨てないでいれば、誰でもかわいくなれる!

編/すごく勇気が出る言葉! 壁に当たった時はどうしていますか?

ミ/私はありのまま生活している人間だからアレですけど(笑)。でも下手に隠さないかも! 「今これがコンプレックスなんだ」って言っちゃう。そうすると意外とみんな共感してくれたり相談し合えたりするんです。言葉に出せば、そこに解決策があるかもしれない。今の時代、コンプレックスが逆に強みになることも多いし!

編/恋愛についてオープンにしているミチ子だけど、理想の結婚相手って?

ミ/結婚するなら今の彼がいいなって素直に思います。彼とは痩せていた頃からつきあっていて、一度別れてから復縁したんです。復縁した時にはもう今の体型に近くて。ここまで体型関係なしに、自分を見てくれる人ってなかなかいないと思う。でもグループ活動している以上、まわりのことも考えないといけないし、ファンの方にも「もうミチ子、結婚していいんじゃない?」って思ってもらえたタイミングがベストだなって思います。まぁでも人生なにがあるかわからないっていうのはもちろんわかっていますけど(笑)。私の気持ち的にはもう結婚の心構えはできています。でも結婚ってゴールじゃなくてスタートだと思うから、焦る必要もないですよね!

編/たしかに! いずれ子どもはほしいですか?

ミ/もちろんほしいです。でも、私自身まだちょっと子どもな部分があるから……(笑)。大人になれたな、って思えたタイミングがきたらですね。きちんと気持ちも育てられる準備をしていかないと!

編/(笑)。最後に読者のみなさんに伝えたいことはありますか?

ミ/”夢は叶う” っていうことです。私、なかなかこんなこと言わないです。夢が叶うことって滅多にないけど、今回表紙を飾るという、ひとつの夢を叶えることができたので。それって7年続けてきて、なにがあってもめげずに成長を続けてこれたからだなって。先が見えなくても前には進んでいくこと。もし今夢がなくても、気ままに待っていれば何かが訪れるはずだと思います。

編/素敵! ラファモになりたいって方も多いですが、アドバイスはありますか?

ミ/まずは自分の個性を出していって、モデルになる準備をしておくこと。SNSとか、今からできることはたくさんあると思います! 一歩一歩、前に進んでいつか一緒にお仕事しましょう!

Photographs/Kazuya Murayama
Hair&Make-up/mai(NORD)
Styling/Junko Haseo(J styles)
Text/Mayuko Ishimura
※服のクレジットは、アイテム名 サイズ展開 ¥~(税込)の順で表記しています。

当記事は@la farfaの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ