乃木坂46山下美月、出演ドラマの初回で見せたキスシーンにファンの反応は?

asageiMUSE


 魔性の女を演じさせたら、彼女の右に出る人はいない?

乃木坂46の山下美月が出演する連続ドラマ「じゃない方の彼女」(テレビ東京系)の第一話が10月11日に放送され、その“魔性の女”ぶりがファンの間で話題を集めている。

同作は大学准教授の小谷雅也(濱田岳)を、同じ大学に通う天然魔性な女子大生の野々山怜子(山下)が翻弄するという、不貞をテーマにしたコメディ。

既婚者で真面目な性格の雅也は平凡なりに幸せな日々を送っているが、ある日スーパーに買い物に出かけた際、故障したエレベーターで偶然、怜子と出くわすことに。その日から小悪魔的な魅力に次第に惹かれていくこととなった。

第1話では怜子がいきなり手を繋いできたほか、3回目の出会いでは別れ際、雅也の頬にいきなりの不意打ちキス。その小悪魔ぶりにファンからは<濱田岳は俺と代われ!><これはベッドシーンもあるんじゃね?>などと、相手役の濱田を羨ましがる声が多数あがっているようだ。

「ファンから『山下プロ』と呼ばれる彼女は特典会等でのファンサービスの良さで知られ、ファンを魅了する小悪魔的な魅力の持ち主。そんな山下に今回の役どころはばっちりとハマっていそうです」(アイドル誌ライター)

 ドラマ「じゃない方の彼女」で濱田岳の頬に不意打ちキスをしてみせた山下美月。(C)テレビ東京

ドラマ「じゃない方の彼女」で濱田岳の頬に不意打ちキスをしてみせた山下美月。(C)テレビ東京

相手役の濱田も本作のインタビュー取材にて「怜子は『あざとくならないように』と考え始めた時点で、あざとさが生まれかねない難役だと思うんです」と、山下の演じる怜子役の難しさについて指摘。その上で「美月ちゃんからはそういったものを越えた魔性を感じます」と、山下の魔性ぶりを絶賛している。

「2019年10月期の主演ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系)で山下は、共演俳優をテーブルの上に押し倒してその上に跨ったり、ソファーに寝っ転がるダブル主演・萩原利久に馬乗りになって肩をマッサージするといった演技を披露。乃木坂46での清純派イメージからは意外と思える積極性と艶っぽさを全開にしていました。どうやらドラマの現場では、生来の小悪魔系キャラがさらに発揮されるようです」(アイドル誌ライター)

乃木坂46の次世代エースと称される山下。ドラマでその魅力を発揮すれば、新規ファンの大量獲得は間違いなさそうだ。

(石田安竹)

当記事はasageiMUSEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ