田中圭と永野芽郁の愛あふれる情景に幾度も涙する。映画『そして、バトンは渡された』メイキング映像



本屋大賞受賞の感動作「そして、バトンは渡された」が、永野芽郁×田中圭×石原さとみ出演で映画化、10月29日より全国公開されます。

今回解禁されたのは、〈血の繋がらない父と娘〉の“森宮親子”にスポットをあてた本編&メイキング映像。

血の繋がらない親に育てられ 4 回も苗字が変わる不遇な環境ながらも、“あっけらかんとした性格”の主人公・優子を永野芽郁が、優子の血の繋がらない父親・森宮さんを田中圭が演じます。

中でも印象深いのが、卒業式で披露するためにピアノを練習している優子(永野芽郁)の隣に寄り添い、父・森宮(田中圭)さんが「旅立ちの日に」を歌唱するシーン。

永野さんの伴奏に合わせ、心を込めて何度も歌い上げる田中さん。 10 代 20 代には定番の「卒業ソング」でもあり、未来に向かう若者の背中を押すような応援歌でもあるこの楽曲、森宮さんが優子を心から応援する愛情深い父親が描かれています。

今回の撮影のために、クランクインの 3 か月前からピアノを練習していたという永野さん。練習を重ねて撮影に挑んだ永野さんを、親のように誇らしく近くで支える姿は、役を超えて本当の親子のようにすら感じます。

そしてもう一つ、田中さん演じる森宮さんが、娘・優子(永野芽郁)のために料理で愛情を表現する様子も収められています。

料理上手な父親という役柄を演じるため、慣れない料理シーンを丁寧に監督と相談しながら撮影に臨みました。娘のために一生懸命、包丁やフライパンを使う田中さんの貴重な料理シーンにも是非注目してください!

幾度も親が変わった優子(永野芽郁)。その立ち振る舞いは、見る人に不幸だと思わせない。また、自由奔放に生きる女・梨花(石原さとみ)に振り回されてたように見える夫たちは、なぜかみな穏やかな顔をしている。幸せとはなにか、ひとに愛情を注ぐとはどういうことか、みなさんも劇場で探してみてはいかがでしょうか。
The post 田中圭と永野芽郁の愛あふれる情景に幾度も涙する。映画『そして、バトンは渡された』メイキング映像 first appeared on フィールドキャスター.

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ